VLOG版「SHULE WORK」≫

【2019年】これから始めるならBLOG(ブログ)かVLOG(ブイログ)か?

ボーイ

ここ最近、動画ブログの「VLOG」が人気だけど、ブログはオワコンなの?もしもこれから始めるなら、VLOGとBLOGどっちをやればいい?

日本における過去5年の「vlog」というワードに対するアクション数の推移

ここ数年で、日本だけでなく、全世界で「VLOG」ブームが来ていて、これは今後も伸び続けると筆者は予想しています。

そんな中、「オワコン」と叫ばれているテキストベースのウェブログ「BLOG(ブログ)」ですが、これから始めるのはナンセンスなのでしょうか?

VLOGコンテンツの人気上昇、BLOGのオワコン化。

となると、「え、これから始めるならBLOGとVLOGどっちがいいの?」という疑問を持つ人もいるかと思います。

ということで、VLOGとBLOG両方やっている筆者が、上記の疑問に対しての解決策をこの記事で提示していこうと思います。

本記事の内容

  • これから、BLOG(ブログ)とVLOG(ブイログ)をするならどっち?

本記事を読むべき人

  • BLOGをやろうかVLOGをやろうか迷っている人
  • BLOGに興味がある人
  • VLOGに興味がある人

それでは、さっそく見ていきましょう!

2019年から始めるならBLOGかVLOGか?

これから始めるなら、BLOG(ブログ)かVLOG(ブイログ)か?

結論をいうと、発信者の目的によります!(曖昧な答えですいません….)

でもこれって重要で、ブログもブイログもいってしまえばツールに過ぎません。

  • 穴を掘る→スコップ
  • 岩を削る→ツルハシ
  • 木を切る→オノ

このように、ツールは「目的」によって使い分けますよね!これは、ブログやブイログにおいても同じことです。

何の目的を持たずに漠然と「ブログかブイログやろっかな」と考えているは、あまり意味がありません。

ですので、何も目的がないのであれば、このさきを読む前に、自分が何をしたいのかを明確にしましょう!

逆に、何かしらの目的がある人は、もしかしたら今後の活動のヒントが得られるかもしれませんので、読み進めていってください!

VLOGとBLOGの違いを知ろう

ブログをやるべき人、VLOGをやるべき人を見ていく前に、まずは両者の違いをしっかりと認識しておきましょう!

ざっくり両者の違いは以下の通り。

Vlog Blog
発信方法 動画、写真、イラスト テキスト、写真、イラスト
発信内容 日常、旅、旅行 なんでも
使用機材 カメラ、PC、スマホ、ジンバル PC、スマホ、カメラ
プラットフォーム YouTube、Instagram、Twitterなど Google、はてなブログ、アメーバブログ
マーケット 全世界 国内

詳しくは、下記の2つの記事で詳しく解説しているので、そちらをご覧ください。

BLOG(ブログ)をすべき人

それでは、ここからはBLOG(ブログ)をやるべき人は、どんな人なのか?どんな「目的」を持っている人がブログに適しているのか?

こちらも結論を書くと、以下のような人はブログ運営にチャレンジしてもいいですね!

  1. 副業として「ブログ運営又はアフィリエイト」をやりたい人
  2. 自身のビジネスの拠点として「集客」にブログを活用したい人
  3. 自身の経験や知識をテキストベースで言語化し記録をとりたい人
  4. デジタルマーケティングライティングを学びたい人

僕自身、ブログ運営を通して人生が変わりましたし、色んなことを学んびました。

ですので、基本的にはブログをやることをオススメしているのですが、上記のような目的がなければ、ただの時間の無駄にもなるので、気をつけたいところです。

では、上記の目的をもつ人が何故ブログをやるべきなのか、順番に解説していきます。

BLOG(ブログ)をすべき人①
副業としてブログをやりたい人

収入源を増やすための副業として始めるのなら、VLOG(ブイログ)よりも、ブログの方が断然オススメ!

よっぽどのことがない限り、副業でブイログを(YouTubeで)始めても、マネタイズすることは出来ません。

何故なら、先程も言いましたが、ブイログはサブコンテンツ的性質が大きいので、単体ではコンテンツ力が弱いからです。

  • BLOG:メインコンテンツになる
  • VLOG:メインコンテンツになりにくい

メインコンテンツになりにくいということは、もちろんマネタイズも難しいので、「副業」としては成り立ちません。(現状は)

逆に、ブログはメインコンテンツに十分なりますし、マネタイズの障壁も低いので副業には最適です。

ブログのマネタイズ方法はいくつかありますが、代表的なのが以下ですね!

  • Googleアドセンス広告
  • アフィリエイト
  • 物販アフィリエイト
  • 純広告

特にアドセンスは、広告をクリックorインプレッション(見られる)だけで、収入が入ってくるので、初心者の方でもマネタイズしやすいです。

あわせて読みたい

※ブログ開設当初に書いた記事なので、読みにくいです….

まとめると、副業として収入源を増やしたい人は、ブログをやることをオススメします!

BLOG(ブログ)をすべき人②
ビジネスの集客として活用したい人

もしも、何かしらのビジネスをやっている方なら、そのビジネスの「集客」にブログを使うのはありですね!

いわゆる「ブログ集客」というやつです。

  • SEO集客
  • SNS集客
  • ファン化(直流入)

上記の方法で集客し、自分のビジネスへ繋げる感じですね。

正直これはかなり難易度が高いのですが、やる価値はあります!

BLOG(ブログ)をすべき人③
経験や知識を言語化して記録

ここまではビジネス的な活用にブログが有効だということをお話して来ましたが、それだけではなく、単純に日々のアウトプットに使うのにも有効です。

  • 会社で新しく覚えたスキルの備忘録として
  • 自分の経験を思い出として残しておく

ブログとは、「ウェブ+ログ=Web上に記録を残す」というのが、本来の意味なので、そういった使い方でも全然OK!

ただ、上記にひと工夫するとマネタイズができ、一石二鳥的な役割になったりするので、個人的にはマネタイズも考えてやるのをオススメしています。

BLOG(ブログ)をすべき人④
デジタルマーケティング・ライティングを学びたい人

ブログで成果を出したいと思うのなら、必然的に以下のスキルが必用になってきます。

  • SEOの知識(SEOライティング)
  • PPC(リスティング広告)
  • SNS集客
  • Webライティング
  • コピーライティング

などなど、様々なスキルを活用する必用があるんですね。

ですので、ブログ運営をしていくうちに、上記のスキルが自然と身についていくので、学びたい人にはうってつけのやり方になります。

VLOG(ブイログ)をすべき人

では、逆にVLOG(ブイログ)をやるべき人は、どんな人なのか?

以下の通りです。

  1. 単純に自分のストーリーや日常を動画形式で記録&発信したい人
  2. 一定数の認知度がありコアなファンを獲得したい人
  3. 自身の活動を動画ブログで広めたい
  4. 同じような属性や全く違った属性の人と繋がりたい
  5. ブランドをブランディングをしたい人

上記に当てはまる人は、VLOGをはじめてみると良いかもしれません。

それぞれ、解説していきます。

VLOG(ブイログ)をすべき人①
自分のストーリーを動画で記録したい人

VLOGほど、自分のストーリーや日常を記録するのに適したコンテンツは、他にありません。

  • 何気ない日常
  • 筋トレの記録
  • 起業過程
  • 旅の様子

などなど、その人にしかないストーリーを「動画」という情報量が多いコンテンツで残せるのは、すごく価値のあることです。

https://twitter.com/shulework/status/1139738785502023681

ブログと比べても、ブイログの情報量の多さは桁違いです。

  • BLOG:テキスト+画像
  • VLOG:映像+音声+テキスト+画像

ブログでは伝わりにくい、その場の雰囲気や情景がブイログなら伝わります。

こちらの動画は、僕がヨーロッパに一人旅へ行ったときのVLOGです。

その場の雰囲気が伝わるかと思います。

VLOG(ブイログ)をすべき人②
認知度があり、ファンを獲得したい人

そもそもで認知度がある人で、更にコアなファンを獲得したい人は、ブログよりもブイログをやるのが良いかもしれません。

  • 知名度がある
  • VLOGでパーソナリティ(人間性)を出す
  • コアなファンができる

ざっくりと書きましたが、こんなイメージ。

人が誰かのファンになるときは、「憧れ・尊敬」などから入りますが、そこから先のコアファンへいくには、もっとパーソナリティが見える感情的な部分へ踏み込んでもらう必用があります。

それに、VLOGは超ーーーー最適なんです(笑)

最近VLOGを始めた「こじはるさん」なんかは良い例で、もともと知名度がありファンも多くいる中で、VLOGを始めています。

https://twitter.com/kojiharunyan/status/1130812141345181697

VLOG(ブイログ)をすべき人③
自身の活動を発信したい人

自身の活動をVLOGで発信するのもいいですね!正確には、自身の活動の裏側です。

  • 講演会での様子
  • イベントの舞台裏
  • 仕事の様子
  • 旅の様子

などなど、普通じゃみれないような「活動の裏側」は、一定数に需要がありますし、そういった裏側を見せることにより、「信用」を築くことができるんですね!

いまは、「信用経済」と言われているくらい、「信用」が大事だと叫ばれている時代なので、VLOGで信用を少しづつ築いていくのは得策だと思っています。

VLOG(ブイログ)をすべき人④
他者と繋がりたい人

VLOGは、その人の日常や好きなことを映し出すものなので、それを通じて、新たな繋がりが生まれる可能性を秘めています。

要するに、VLOGで人と人とが繋がるということですね!

だって、自分と同じことが好きだったり、同じものを持っていたりしたら、その人のことが気になりますよね。それは逆も然りで、自分とはかけ離れた生活を送っている人がいたら、それはそれで気になるし。

こんな感じでVLOGというコンテンツを通じて、人と人が繋がれれば、面白いよなーと個人的には思っています。

しかし、これに関しては、まだまだ環境が整っていない部分があるので、僕が作って行きます(笑)

【宣言】VLOGに特化したSNSを作ろうと思うから「今の全て」を書きなぐる

VLOG(ブイログ)をすべき人⑤
ブランドをブランディングをしたい人

何かしらブランドをブランディングしたい人にも、VLOGはオススメです!

例えば、「自分のアパレルブランドを立ち上げたい!」という人なら、そのブランドのブランディングにブイログを活用する感じですね。

アパレルブランドの例でいうと・・・

  • 自分のVLOGで商品を身につける
  • 自然なかたちで認知度を上げる
  • ブランドに興味を持った人を商品へ誘導

こんな流れをVLOGなら作ることが可能です。

実際、日本でも「メトロンブログ」や「小嶋陽菜(こじはる)」は、自身のブランドをVLOGで上手くPRしてますね!

VLOGは、コアなファンが見ている可能性が高いので、購買意欲の高い人へリーチできるのも特徴です。

「BLOG×VLOG」という選択肢も

ここまで、ブログとブイログをやるべき人の特徴を分けてご紹介してきましたが、「両方やる」という選択肢もあります。

実際、僕もブログとブイログを両方やっていますし、これが意外とオススメなんですよね!

なぜ、オススメなのか?

それは、両者の弱点を補い合うからです。

もう少し具体的に見ていきましょう!

ブログの弱点を補うブイログ

ブログはビジネスの拠点として、集客したり、コンバーション(成約)へ持っていったりするのには適していますし、完全なオワコンではありません。

しかし、ブログにも弱点はあり、コンテンツとして不完全な部分もあるのです。

僕が思うブログの最大の弱点は、「人間性(パーソナリティ)」がないという点。

要するに、顔が見えないんです、発信者の。

記事は基本的にテキストベースなので、記事書いている人はどんな人なのか?どんな顔をしていて、どんな声で、どんな性格なのか?そこらへんが見えないから、完全に信用することが出来ません。

そんな「人間性が欠如」というブログの弱点を、人間性が色濃くでる「VLOG」というコンテンツとうまくリンクさせれば、その弱点を補えると思うのです。

ブイログの弱点を補うブログ

逆に、VLOG(ブイログ)にも弱点はあります。

それが、ブイログ単体でのコンテンツ力の低さです。

要するに、ブイログだけ発信していても見てくれる人は少なく、何かしらのメインコンテンツを持っている人のVLOGだからこそ、その人のブイログの価値が最大化されます。(ここで言うコンテンツの価値は、ビジネス的な視点でみたときのことです)

なんていうか、サブコンテンツ的な性質が強いんですよね。RPGのゲームでいうと、メインコンテンツがキャラクターなら、VLOGは装備品的な。

  • 芸能人:芸能活動
  • パフォーマー:パフォーマンス
  • ブロガー:ブログ

こんな感じで、メインコンテンツを持ち、ある程度の認知度やファンをを持っている人がVLOGをやると、より多くのファン獲得へ誘導できるんですよね。

何はともあれ「行動」あるのみ

BLOG(ブログ)とVLOG(ブイログ)のどっちをやるべきか?という疑問に対する筆者の答えは、「目的による」でした。

そして、ブログをやるべき人の目的ブイログをやるべき人の目的をそれぞれ解説してきましたが、皆さんはどちらに当てはまりましたか?

とはいえ、何事も「自分で行動」しなければ分からないこともあるので、とりあえず行動してみるのもいいと思います。

僕は、ブログもブイログも両方自分で実践してみて、色々と確かめてきましたし、そこに学びがありました。

ということで、今回の記事は以上になりますが、もし「参考になった!」という方は、コメント頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA