VLOG版「SHULE WORK」≫

【多動力・堀江貴文(ホリエモン)著書】原作・マンガ版ブックレビュー

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”shule.jpg” name=”Shin”] どうも、Shinです。[/speech_bubble]

今回は、ホリエモンこと堀江貴文さんの著書、

『多動力』について、ご紹介したいと思います。

多動力は2017年5月に第一刷が出版され、
僕が買ったとき(2017年12月)にはすでに、
24万本売れている30万部売れている(2018年4月現在)、ヒット書籍です。

この本では、現代に
必要なスキル『多動力』について、書かれています。

そして、この本は8章31項目で構成されているのですが、
それぞれの項の最後に、やってみようリストがあるので、

なにか行動したいけど、
何をしたらいいかわからない、
という方は何か行動を起こす
きっかけになるかもしれません。

この本のポイント

タテの壁が溶けていく

この本では、業界と業界の

タテの壁が溶けていくという表現がでてきます。

これが何を意味するのかというと、
インターネットの普及により、
業界がどんどんと水平分業型モデルになっているということ。

水平分業型もでるとは、
その業界で完結していた仕事が
他業界と混在し合っているということです。

僕もいままで、ただ大学にでて、就職して、
一つのことだけやって、定年を迎える。

という生き方に違和感を覚えていましたが、
これを読んで、この違和感が無くなった気がしました。

3つの肩書きを持て!

この本では、3つの肩書きを持てと強く主張しています。

人は一つの事を1万時間こなせば、
その事に関して、100人に1人の人材になれるそうです。

じゃあ、これをもう一つ増やすと、

1/100×1/100で1万人に1人の人材になれるのだそう。

まあ、ここ数字にそこまでの正確性はないにしても、大きくはズレていないのかな、という印象です。

仕事の質は睡眠で決まる

これはほんとに大事ですよね。

当たり前のことなんですが、
ホリエモンがいうとさらに説得力が増しますよね。

小利口ではなくバカになれ

本文の中に面白い一文があったので引用します。

小利口な人間があれこれ考えて行動を起こせずにいる間に、手を挙げるバカがチャンスを手にするのだ。小利口が癖になると、せっかく目の前におもしろいことがあるのに、一歩引いているせいでタイミングを逃してしまう。

ドキッとした方も多いのではないでしょうか?

僕もこれを読んでドキッとしました。
あれこれ考えてしまってタイミングを
逃してきたことがいままでもあったからです。

これからの時代は、小利口ではなく、
バカになって、いち早く行動した人に
チャンスが巡ってくるのだと思います。

こんな方におすすめ!

  • 堀江貴文(ホリエモン)が好きな人
  • 今の働き方を変えたい人
  • マインドセットしたい方
  • 何か行動を起こしたい方

この本の評価

多動力を、
読みやすさ、面白さ、
コストパフォーマンス、おすすめ度、総評
で評価させていただきました。

ぜひ購入を検討されている方は、
参考にしてみてください。

この本の評価
読みやすさ
(4.5)
面白さ
(5.0)
コストパフォーマンス
(4.0)
おすすめ度
(4.5)
総合評価
(4.5)

最後に、
僕もまだ本屋でちらっと読んだだけですが、
多動力の漫画もあるみたいなので、
そちらも読んでみようと思います。

読みました!!

 

【2018/4/8追記】マンガ版:多動力読んでみた

マンガ版の多動力を読んだので、
追記でブックレビューしていこうと思います。

内容は、元と同じでしたが、
無人島に主人公たちがワープしてしまうという
なんとも奇想天外な設定で、
その設定に合わせて原作の内容がうまく入れ込まれているので、
スムーズに頭に入ってきました。

これなら、社会人だけでなく、
大学生や高校生、中学生、小学生でも
興味を持って読めるのかなと思いました。

是非、学校の図書館にでも置いてほしいですね。

ビジネス書を漫画で読むのは、
いままでありませんでしたが、
正直、「アリ」ですね。

文章を読む力はつかないかもしれませんが、
内容を素早くインプットできるのは、
いいことだと思います。

実際に諮ってはいませんが、

原作:120分

マンガ版:50分

くらいで僕は読めました。
実際原作もかなり読みやすくなっているので、
読むのが遅い僕でも割と早く読めました。

時間がない方には、
マンガ版のほうがいいかもしれませんね!

是非、ビジネス書をマンガで読む。
試してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA