【必読】内定者・新社会人が読むべきおすすめ本8選

しゅれ
どうも、しゅれです。

 

社会人になってから読書をするようになった僕ですが、
社会人1年目から今日までに読んだ本の数は60冊ほど。

今回はその中から本当に読んでよかった!と思った本を
8冊ご紹介させていただきます。

ジャンルを、ロングセラー編、堀江貴文編、
誰もが知ってる編、個人的に良かった編の4つに
分けたので、気になるジャンルだけでも、
見てみてくださいね!

では、まずはロングセラー編から。

ロングセラー編

まずは、長年読まれ続けてきた、
ロングセラー本を2つご紹介します。

金持ち父さん貧乏父さん

要約

初版が発行されたのは、2013年11月10日で現在でも多くの人が読んでいる本。

内容は、著者のロバート・キヨサキと“二人の父さん”との話が語られている。
この”二人の父さん”とは、金持ちな父さんと貧乏な父さんだ。
全く異なる考えを持った二人の父さんを見て、
ロバートが成長していくのだが、その経験がこの本では描かれていて、
またその経験をもとに、ロバート・キヨサキの「お金」や「仕事」の在り方について、独自の考えが書かれている。

この本を一言で表すと

「お金」の常識を覆す一冊

この本で印象に残った一文

持ち家は資産でもなく投資でもなく「負債」

どんな人におススメか

  • お金に関する思想に触れたい人
  • 社会人になって何かを変えたい人
  • とりあえず本を読みたい人
この本の評価
読みやすさ
(3.5)
面白さ
(4.5)
タメになった度
(5.0)
コストパフォーマンス
(4.0)
総合評価
(4.0)
MEMO
要約を動画で観たい方はこちらをご覧ください。(約6分)

仕事は楽しいかね?

要約

初版が発行されたのは、2001年12月10日で現在でも多くの人が読んでいる本。

内容は、吹雪の影響で封鎖された空港を舞台に、
仕事や人生に悩んでいる主人公がたまたま出会った”風変わりな老人”に、
「仕事は楽しいかね?」と聞かれたところから、物語が始まっていく。

主人公は、この老人に日ごろの不満や悩みをぶちまけていくのだが、
実は、この老人は発明家、起業家として富を築いた「マックス・エルモア」だったのだ。

そして主人公はその後、老人から様々な助言をもらうこととなる。

この本を一言で表すと

THE自己啓発本

この本で印象に残った一文

明日は今日と違う自分になる

どんな人におススメか

  • 物語風の本が読みたい人
  • 仕事にやる気が出ない人
  • 読書初心者
この本の評価
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.0)
タメになった度
(4.0)
コストパフォーマンス
(4.5)
総合評価
(4.5)

堀江貴文編

お次は堀江貴文編。
個人的に堀江さんの著書が好きなので2つご紹介します。

ホリエモンも著書は、本音がドストレートに
書かれているから面白いです。

多動力

要約

30万部越えのベストセラー。
インターネットの普及により、業界の”タテの壁”が溶けていく現代で、
必要なスキル「多動力」について書かれている。

この本を一言で表すと

これからの時代を生き抜くための必読書

この本で印象に残った一文

3つの肩書を持てばあなたの価値は1万倍になる

どんな人におススメか

  • 今の働き方に疑問を持っている方
  • 自分が何をすればいいかわからない方
  • 堀江貴文さんに興味のある方
この本の評価
読みやすさ
(4.5)
面白さ
(4.0)
タメになった度
(4.5)
コストパフォーマンス
(4.5)
総合評価
(4.5)

多動力のブックレビューを書いたので、
興味のある方は是非読んでみてください。

参考 【多動力】ブックレビューしゅれわーく
MEMO
2018年2月28日にマンガ版の多動力も発行。こちらも面白いのでおススメです。

ゼロ~なにもない自分に小さなイチを足していく~

要約

堀江貴文さんの本で一番売れている一冊。
また、彼が出所してから一番最初に書き下ろした一冊でもある。

この本では、刑務所での話、堀江貴文の幼少期や大学時代の話、
「働くこと」の意味などを、ありのままの言葉がつづられている。

「自伝」+「ビジネス書」のような本です。

この本を一言で表すと

堀江貴文の原点

この本で印象に残った一文

信用の「ゼロからイチ」は、まず自分で自分を信じるところから始まる。

どんな人におススメか

  • ゼロからスタートしようとしている人
  • 堀江貴文さんに興味がある人
この本の評価
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(4.5)
タメになった度
(4.5)
コストパフォーマンス
(4.0)
総合評価
(4.5)

誰もが知ってる編

誰もが知っているあの名作を、2つ厳選!

嫌われる勇気

要約

心理学者のアドラーが提唱した、
「アドラー心理学」について哲人と青年の
対話形式でわかりやすく学べる一冊です。

「人はどうやったら幸せになれるか」という、
人生最大の問いに対して、
シンプルかつ斬新ともいえる”答え”を提示しています。

この本を一言で表すと

「アドラー心理学」の入門書

この本で印象に残った一文

「変われない」のではない。「変わらない」という決断を常に行っているだけだ。

どんな人におススメか

  • コンプレックスがある人
  • 自分に自信がない人
  • アドラー心理学に興味のある人
この本の評価
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
タメになった度
(5.0)
コストパフォーマンス
(5.0)
総合評価
(5.0)

ニューエリート

要約

著者のピョートル・フェリクス・グジバチさんは、
Googleの人材開発やリーダーシップ開発などの分野で活躍している。

内容は、新時代を生き抜くための、
個人の在り方や会社の在り方について言及している。

このニューエリートはニュースアプリの「NwesPicks」でも
企画として取り上げられている。

この本を一言で表すと

全ビジネスパーソンに読んでほしい一冊

この本で印象に残った一文

具体的に計画して行動している人が、どんどん自由な働き方を手に入れる。

どんな人におススメか

  • すべてのビジネスパーソン
  • 現状を変えたい方
  • 現在の働き方に疑問がある方
この本の評価
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(4.0)
タメになった度
(5.0)
コストパフォーマンス
(4.5)
総合評価
(4.5)

ニューエリートのブックレビューを書いたので、
興味のある方は是非読んでみてください。

参考 【ニューエリート】ブックレビューしゅれわーく

個人的に良かった編

個人的に読んでよかった2冊をご紹介。

「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる

要約

この本は、21世紀の働き方、生き方を見直せる一冊です。
好きなことを仕事にできる時代がやってきたこの現代で、
情報発信は最強の武器になります。

そして、この本では情報発信の事だけではなく、
お金、夢、人生観、価値観などを問う内容となっています。

この本を一言で表すと

情報発信の指南書

この本で印象に残った一文

好きから得意、得意から強みへ

どんな人におススメか

  • 情報発信に興味のある人
  • ブログを運営している人
  • お金について不安がある人
  • マインドセットしたい方
この本の評価
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(4.5)
タメになった度
(4.0)
コストパフォーマンス
(5.0)
総合評価
(4.5)

この本のブックレビューを書いたので、
興味のある方は是非読んでみてください。

参考 【「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる】ブックレビューしゅれわーく

池上彰のお金の学校

要約

現在、フリーのジャーナリストとして様々なメディアに引っ張りだこの
池上彰さんが書いた本で、お金に関する教養がとてもわかりやすく解説されている。

この本を一言で表すと

まさに、お金の学校

この本で印象に残った一文

特になし。
お金の教養を学べます。

どんな人におススメか

  • お金の教養を身に付けたい人
  • お金について苦手意識がある人
この本の評価
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(3.5)
タメになった度
(5.0)
コストパフォーマンス
(4.0)
総合評価
(4.0)

最後に

いかがだったでしょうか?

今回は4つのジャンルに分けて、
8冊の本をご紹介いたしました。

是非、読んでみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA