【10年後の仕事図鑑】感想、書評『未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ』

10年後の仕事図鑑

Shin
どうも、Shinです。

 

今回は、堀江貴文さんと落合陽一さんの著書
『10年後の仕事図鑑』を読んだので、
感想とブックレビューをしていこうと思います。

読んでみての感想

10年後の仕事図鑑を読み終わったので、
正直な感想を書いていこうと思います。

これからご購入を考えている方は、是非参考にしてみてください。

まず、この本を読んで思ったことは、

想像と違った。

でした。

どうゆうことかとゆうと、

タイトルに「10年後の仕事図鑑」とあるので、
堀江貴文さんと落合陽一さんの考える
10年後にある仕事のことについて、書かれた本だと思っていました。

もちろん、本書の中には、
これから無くなる仕事や生まれる仕事について書かれていますが、
どちらかというと、これからの時代を生き抜くためのマインドについて、
堀江貴文さんらしい、落合陽一さんらしい、言葉で書かれています。

本書の中でも書かれていますが、

10年後の未来なんて誰にもわからないし、
考えるだけ無駄なことで、大切なのは
今を生きることだとを思い知らされる一冊です。

また、本書は堀江貴文さん落合陽一さん
両方の視点で書かれています。

読んでみて、僕的には、
堀江貴文さんの言葉の方が自分の中に入ってきました。

落合陽一さんの方は、言葉が難しくて
何を言ってるかわからないところが多々ありました。笑
(さすが、落合陽一さんって感じなんですけど)

まあ、結論読んでよかったと思える一冊でした。

では、次にこの本のポイントだと
思ったことを挙げていきたいと思います。

この本のポイント

この本のポイントを4つ挙げてみました。

AIに仕事を奪われてもなんら問題ない

AIが普及してきたら、仕事が奪われてしまうんじゃ・・・
と心配になっている方も多いのではないでしょうか?

そんな心配に対して、
この本では以下のような見解を示しています。

人間がやらなければならなかった仕事の時間が減り、自由な時間が増えるだけの話だ。さらに、生活コストはどんどん下がっていくので、何も無理に働いてお金を得る必要もなくなっていく。

「10年後の仕事図鑑」–堀江貴文

AIが普及すれば、いままで人間がやっていた単純労働が無くなり、
より好きな事に時間を避けるようになるということですね。

これを聞くと、AIの進化が待ち遠しいですね。
ただし、自分自身も単純労働ではなく、
新たな価値を創造できる人材になる必要がありそうです。

情報メタボになってはいけない

情報メタボとは、SNSやネット記事をみて情報収集するだけのこと。

要するに、インプットばかりで、アウトプットしない人のことですね。

この本では、そんな情報メタボに警鐘を鳴らしています。

自分が夢中になれること、ハマれるものが見つかったら、
毎日自発的に思いを”発信”することが重要なんですね。

現代ではそんな情報発信が容易にできます。

SNS、ブログ、YouTubeとツールはたくさんあるので、
どんどん情報を発信していきたいですね。

イカれた就活システムから脱出せよ

この本では、日本の就活システムに警鐘を鳴らしています。

その中で、本書で目を惹く一節があったので載せたいと思います。

就活は「他人と違うことがリスクである」なんて幻想を平気で強いてくる。信じなくてもいいものを信じ込まされる。周囲に染まるその瞬間が、思考停止して同じ方向を泳ぐことしかできない鰯の群れの一員になる瞬間に他ならない。

「10年後の仕事図鑑」-落合陽一

確かに、現代の就活や社内の研修において、
その業界や会社だけの常識を押し付けてくる感じはありますよね。

その常識を守らないと生きていけないような、
息苦しさを感じる瞬間が僕にもあります。

「遊ぶ」「働く」「学ぶ」の三位一体の生き方

今まで、遊ぶと働くは完全に切り離して考えられていました。

プライベートがあって、仕事がある。

こんなライフスタイルが当たり前でした。

しかし、この本では、
遊ぶ、働く、学ぶ、の間に区切りを無くし、
すべてを一体とした考え方を推奨しています。

要するに、何かのアクションに対して、
それが遊びでもあり、働くことにもなり、学びにもなるということ。

これが、これからの時代を生き抜くために
重要な考え方だし、純粋に楽しい人生の送り方だと思います。

この本の評価

この本の評価を、

読みやすさ、面白さ、タメになったか、コストパフォーマンス、総評

で評価させていただきました。

ぜひ購入を検討されている方は、
参考にしてみてください。

この本の評価
読みやすさ
(3.5)
面白さ
(4.5)
タメになったか
(4.5)
コストパフォーマンス
(4.0)
総合評価
(4.0)

読みやすさとして、本の大きさが大きかったので、
電車の中で読むことが困難だったので、3.5にしました。

しかし、電子書籍であればそんなこともないので、
それほど問題ないかと思います。

また全体の評価としては、面白い内容でしたが、
堀江貴文さんや落合陽一さんの考え方を知ってる人からしたら、
あまり目新しさは感じられないかもしれません。

ただし、AIが進化が及ぼす影響などを、
このお二方の見解が分かるので、
内容としてはタメになります。

詳しくは本書を読んでみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA