【トラブル回避】ココナラのイラスト作成サービスで完成品がイメージと違った時の対処法

しゅれ
どうも、ココナラで活用中(購入者)のしゅれ(@shulework)です。

 

ココナラを使って似顔絵やイラスト作成のサービスを購入したときに、

ボーイ

思っていたイメージと違ったよ…。

そんなときに、どう対処したらいいのか迷いますよね。

ガール

ブチ切れればいいんじゃないかしら?
しゅれ
絶対ダメですね。

 

そこで今回は、ココナラで購入したイラスト作成のサービスが、思っていたイメージと違ったときの対処法を解説していきます。

ぶたくん
未然に防ぐやり方もおまけで紹介するよ!

 

迷わずやり直しを依頼

依頼

依頼していたイラストのイメージが違っていた時にするべきこととして、
まずは迷わずイラストのやり直しをしてもらいましょう。

ボーイ

でも、やり直してもらうのは、なんか相手に悪い気がして…。

確かにせっかく作ってもらったモノに対して、やり直しをお願いするのは、
気が進まないかもしれませんが、気にする必要はありません。

やり直しをお願いした方が良い理由は以下の通りです。

イメージと違う成果品

購入者が満足しない

評価が下がる

サービスの価値が下がる

出品者のデメリットとなる

上記のように、イメージと違う成果品を受け取ってそのままにすることにより、
購入者はもちろん出品者にとっても悪影響があるのです。

ですので、お互いが気持ちよく取り引きを終えられるように、
イメージと違うイラストがきたら、迷わず”やり直し”をお願いしましょう。

やり直しを依頼する時の3つの注意点

依頼していたイラストが思っていたイメージと違った時は、
やり直しをお願いしましょう!と書きましたが、そのときは以下の注意点を守りましょう。

やり直しを依頼する時の注意点

✓完成イメージを明確にし、簡潔に伝える。

✓相手をディスらない。(批判するような言い方はしない)

✓解決策を考え、提案する

ひとつずつ解説していきますね。

完成イメージを明確にし、簡潔に伝える

やり直しをお願いするということは、
自分の思っていたイメージと違っていたということです。

ですので、再び同じことを繰り返さないためにも、自分の完成イメージを出来るだけ細かく、伝えましょう。

言葉だけで伝えきれない場合は、
画像を使って伝えるのも有効な手段といえます。

しゅれ
イメージの共有は、必ずしましょうね!

 

相手をディスらない

相手をディスらない

やり直しを依頼する際、
相手をディスる言い方はやめましょう。

「ぜんぜんイメージと違うんだけど!」

「本気でやってんの?」

「こっちは金払ってんだからちゃんとやれよ!」

このような言われ方をして、
やる気になるイラストレーターはいません。(負けん気が強い人ならわかりませんが)

基本的には、“お願いする”というスタンスが大事です。

しゅれ
かといって、下手に出すぎる必要はないので、要望はしっかり伝えましょう。

 

解決策を考え、提案する

イラストのイメージが違った原因としては、2つの理由が考えられます。

①出品者と依頼者のイメージが共有できていなかった

②イラストレーターのスキルが足りていない

①の出品者(イラストレーター)と依頼者のイメージが共有できていなかった場合は、
こちらのイメージを細かく伝えることにより解決するので、しっかり伝えましょう。

 

厄介なのは、②のイラストレーターのスキルが足りていない場合です。

正直これはどうしようもないですが、
ほんとにこの成果品にお金を払いたくない!という時は、購入をキャンセルしたいと、出品者に申し出ましょう。(購入のキャンセルは出品者のみできます。)

 

この時も、ディスるような言い方ではなく、あくまで提案ベースで聞いてみましょう。

しゅれ
依頼者が満足しないまま終わると、サービスの低評価につながるので、出品者も無理には取り引きを続行しないはずですので。

 

イメージのスすれ違いを未然に防ぐ方法

今回は、依頼していたイラストがイメージと違った時の対処法をお話ししてきましたが、
そもそもでそんな事が起きなければ、ハッピーですよね。

そこで、イメージのすれ違いを未然に防ぐ方法をご紹介します。

購入前にダイレクトメッセージ

ココナラには、「ダイレクトメッセージ」という便利な機能があります。

ダイレクトメッセージとは、
気になるサービスを出してる出品者に対して、”直でメッセージを送れる機能”です。

この機能を使って、出品者へ自分が求めているモノが作成可能か聞いてみましょう。

しゅれ
何も聞かずに購入して、イメージと違ったなんてなったら最悪ですからね!

 

また、イラスト以外でもダイレクトメッセージは必ずしましょう。

画像を使ってイメージを伝える

購入後もイメージの食い違いがないように、自分の要望を具体的に提示してあげましょう。

ダイレクトメッセージでは画像の送付が出来ないので、
購入後に自分のイメージを画像で提示してあげるとイメージが伝わりやすいです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、

・依頼していたイラストの完成品がイメージが違った時の対処法

・イメージのすれ違いを未然に防ぐ方法

をご紹介しました。

改めてまとめておきます。

イメージが違った時の対処法

迷わずやり直しを依頼

 

その時・・・

 

✓完成イメージを明確にし、簡潔に伝える。

✓相手をディスらない。(批判するような言い方はしない)

✓解決策を考え、提案する

イメージのすれ違いを未然に防ぐ方法

✓購入前にダイレクトメッセージ

✓画像を使ってイメージを伝える

 

ココナラで以上のことを守りつつ、気持ちの良い取引をしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA