VLOG版「SHULE WORK」≫

フリーターでユーチューバー目指すのは危険?リスクヘッジを忘れずに

ボーイ

フリーターになって、ユーチューバーになろうと思うんだけど、やめた方がいいかな?生きていけるか不安。

ユーチューバーという存在が世の中に認知され、子供のなりたい職業としても食い込んでくるユーチューバーを目指そうとする若者が急増しています。

そんな中、就職せずに(もしくは会社をやめて)フリーターとして、ユーチューバーを目指す人も出てきているくらいです。

 

では、実際のところフリーターでユーチューバーを目指すのはアリなのでしょうか?

 

実際にYouTubeをやっている僕の見解としては、フリーターでユーチューバーを目指すのはオススメしません。(※例外アリ)

 

もちろん、選択は個人の自由なので、「やるか・やらないか」は、あなたが決めることですが、もしも「フリーターになってでもユーチューバーを目指す!」と決心できずにいるのなら、この記事を読んで参考にしてください!

この記事では、フリーターでユーチューバーを目指さない方が良い理由や、それでも目指したい人向けの解決策をご紹介していきます。

本記事の内容

  • フリーターでユーチューバーを目指すのはアリか?

本記事を読むべき人

  • これからフリーターになってユーチューバーを目指そうと思っている人
  • すでにフリーターで就職せずにユーチューバーを目指そうと思っている人

それでは、さっそく見てきましょう!

フリーターでユーチューバーを目指すのは危険!その理由とは

さて、冒頭でも書きましたが、フリーターでユーチューバーを目指すのは、あまりオススメしません。

その理由としては、以下の通りです。

  • 先行者利益は終わった(面白コンテンツは飽和状態)
  • 社会的信用は皆無
  • マネタイズが複雑になりつつある

順番に解説していきますね!

先行者利益は終わった(面白コンテンツは飽和状態)

ユーチューバーという存在がここ数年でグイグイ認知度を上げ、今ではほとんどの日本国民はユーチューバーを認知しています。

そんな中ユーチューバーという職業は、「ただ動画を撮ってお金をもらっている人」と思われていることが多く、「ユーチューバー=楽に稼げる」というイメージを持っている人も少なからずいます。

 

しかし、現実はその逆で、YouTubeのみで生計を立てることができている人は、全世界のトップ3%しかいません。

要するに、YouTubeでお金を稼げるようになったとしても、実際にそれだけで生活するには正直難しいことが分かります。

それに、いま現在YouTubeで稼いでいる人たちは、ユーチューバーという存在が認知される前からYouTubeに動画を投稿していた人たちばかりで、いわゆる「先行者利益」をゲットできた人たちがほとんどです。

ですので、これからHIKAKINのように毎日投稿をしたとしても、稼げるくらい人気になるのは非常に難しいことが分かりますね。

社会的信用は皆無

「フリーターでユーチューバーを目指している=ただのフリーター」ですから、社会的信用は皆無です。

社会的信用がないと様々な弊害が起こります。

  • クレジットカードが手に入らない
  • アパートが借りられない
  • お金を借りられない
  • 彼女ができない

などなど、現実的なデメリットですよね。

もしも、フリーターになるのなら、上記を覚悟しなければなりません。

マネタイズが複雑になりつつある

YouTubeというプラットフォームからの純粋な広告収入(Googleアドセンス)は、昔と比べると減少していると言われていて、マネタイズが難しくなっています。

そのため、いまでは広告収入だけでなく、企業とのタイアップ、アフィリエイト、グッズ販売、オンラインサロンなどでマネタイズしている「起業家気質のユーチューバー」が増えています。

  • 昔の広告収入:高いから、これだけでOK
  • 今の広告収入:低いから、他でもマネタイズ

要するにこれからの時代は、マーケティングなどのビジネス的な視点をもってYouTube戦略を考えらるユーチューバーが、生き残っていく時代になるということです。

とはいえ、チャレンジしてみても良いと思う

ここまで、「フリーターでユーチューバーを目指すのはやめとけ!」ということを言ってきましたが、これが絶対に正しいとは言えませんし、所詮、確率論や統計的なデータを見ての話です。

今からでも人気ユーチューバーになる人はなるだろうし、ならない人はならない。

それに何事もやってみなきゃ分からない部分もあるので、「行動」してみて「失敗」するのもいいとは思います。

とはいえ、「フリーターになるかどうか」は、人生にとっても割と大きな決断でもあると思うので、しっかりと「リスクヘッジ」をすることも重要です。

フリーターでユーチューバーを目指すならリスクヘッジをしよう

本気でフリーターになってユーチューバーを目指したいのであれば、挑戦することは止めませんが、きちんと「リスクヘッジ」をしておくことをオススメします。

ここでいうリスクヘッジとは、「金銭的なリスクヘッジ」と「キャリア的なリスクヘッジ」です。

  • 金銭的なリスクヘッジ:リゾバ
  • キャリア的なリスクヘッジ:副業(フリーランス業)

それぞれ順番に解説していきますね!

金銭的なリスクヘッジ
「リゾバ」

フリーターでユーチューバーを目指す際、金銭的なリスクヘッジはかなり重要です。

  • 貯金5万円のフリーター
  • 貯金100万円のフリーター

この2つなら、後者の方が圧倒的に心に余裕が生まれますし、何かあった時でも対応できます。

「貯金がない方が背水の陣的な感じで頑張れる!」という人もいるかもしれませんが、ほとんどの人が心に余裕がないと、心身ともに悪い影響を与えて終わりです。

ですので、フリーターこそ「金銭的なリスクヘッジ」をしっかりと行っていきましょう!

そして、今回ご紹介する金銭的なリスクヘッジが「リゾバ」です。

リゾバとは

リゾバとは、簡単に言ってしまえば、全国にあるリゾート地や人手不足の場所に泊まり込みで働く派遣型バイトです。

リゾバ最大の特徴は、「宿泊費、食費、光熱費がほぼ無料」となり、支出を大幅に削減できる点です。

→更に知りたい人は、「【リゾバとは?】仕組みやメリット・デメリットを経験者が徹底解説」の記事をご覧ください。

リゾバ×フリーランスが最強の働き方かもしれない」という記事でも解説していますが、リゾバでは、圧倒的に支出を削減できるので、ホントに貯金が貯まります。

それにYouTubeを更新する時間も十分にありますから、「リゾバで安定収入→支出を削減し貯金(で金銭的なリスクを減らし)→YouTubeも更新」という最強の流れが出来上がるわけです。

もちろん上記に働き方には、デメリットもあるので注意をしつつ、あくまで自己判断でお願いします。

リゾバ×フリーランスという働き方 【複業】リゾバ×フリーランスという働き方が最強かもしれない

キャリア的なリスクヘッジ
「副業(フリーランス業)」

もうひとつ、「キャリア的なリスクヘッジ」として、副業(フリーランス業)をやることを強くオススメします。

これは、金銭的なリスクヘッジにもなりますし(収入源を増やす)、もしもユーチューバーで食っていけなくても、その副業を本業としてやっていくことができれば、フリーランスとしての独立も可能です。

ですので、将来的なキャリアも見据えて、今のうちからフリーランス業を副業としてやっておくのがいいでしょう。

今では、ネット完結かつ個人でできる仕事なんてたくさんありますからね!

  • Webライター
  • アフィリエイター
  • 動画編集者
  • Webマーケター
  • Webコンサルティング
  • 映像制作者
  • せどり
  • etc…

さらに、先程ご紹介した「リゾバ」を組み合わせた「リゾバ×フリーランス」をすれば、金銭的にもキャリア的にもリスクヘッジが可能です。

要するに、「リゾバ×フリーランス×ユーチューバー」みたいなイメージですね!

僕自身フリーランス業をしながら、リゾバもはさみつつ、YouTubeもやっています。

フリーターじゃなく就職(転職)してユーチューバーをやるという選択肢

ここまで、「フリーターでユーチューバーを目指すなら」というテーマでお話を進めて来ましたが、ぶっちゃけ「就職(または転職)」して、会社員をしながら、ユーチューバーを目指すのが一番オススメ。

なぜなら、会社員であれば社会的信用を担保しつつ、金銭的な安定も望めるからです。

  • 会社員+ユーチューバー:社会的信用、安定収入
  • フリーター+ユーチューバー:社会的信用は皆無、収入は安定しない

こんな感じで、会社員にはフリーターにないものを多くもつことができます。

恐らく、上記を理解した上で「フリーターになってでもユーチューバーになろう」と思っている人は、「会社員だとYouTubeやる時間がないから…」という人が多いのではないでしょうか?

でも、それって本当にそうでしょうか?

実際に会社員でもYouTubeをやっている人はたくさんいますし、特に「AKIOBLOG」のAKIOさんのライフスタイルを見てください。

この方は、大企業でサラリーマンをやりながら、4つの副業と筋トレをやってるスーパー会社員で、「会社員+YouTubeは可能」ということを証明していますね。

 

ボーイ

いや、会社が残業ないからできるんでしょ

と思われるかもしれませんが、だったら「転職」すればOKです。

「残業が多くて、やりたいことができない」というところで思考を停止させるのではなく、「じゃあ、どうやれば会社員を続けながらユーチューバーを目指せるか?」というように思考を転換して見ましょう!

今の時代はどこも人手不足ですし、様々な特徴を持った転職サイトや転職エージェントがあるので、あなたに合った会社がきっと見つかります!

転職サイト 目的 タイプ
リクナビNEXT≫ 大手の安心感 転職サイト
マイナビエージェント≫ 手厚いサポート エージェント
マイナビジョブ20’s≫ 20代に特化 エージェント
レバテックキャリア エンジニア エージェント
わたしの保育≫ 保育士 転職サイト
ケアジョブ≫ 介護士 エージェント
薬剤師求人.com≫ 薬剤師 転職サイト
Tech Stars Agent≫ ゲーム・IT・Web エージェント
PARDO(パルド)≫ アパレル エージェント
ジョブメドレー(歯科衛生士)≫ 歯科衛生士 転職サイト

もしも、「残業が多くてYouTubeをやる時間がない」と嘆いている暇があれば、今すぐにでも「行動」し、環境を変えましょう!

 

「いや、それでもフリーターになってユーチューバーを目指すんだ!」という人は、ぜひ今回ご紹介したリスクヘッジを行うようにしてください。

【流行りを先取り】今ならユーチューバーではなく、Vlggerを目指すのもアリ

ここまで、「フリーターになってユーチューバーを目指す」というテーマでお話してきましたが、そもそもでユーチューバーではなく、「Vlogger(ビデオブロガー)」を目指すというのもアリかもしれません。

Vloggerとは、主に「VLOG」という日常や旅の様子を「Video(ビデオ)+Blog(ブログ)=Vlog」として発信する動画コンテンツを扱う人のことです。

詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

 

「動画コンテンツを扱う」という部分においては、ユーチューバーと同じなのですが、細かい部分で違いがあります。

主に以下のような点ですね。

  • フォーカスする対象が「個人」か「企画」か
  • マネタイズの有無とタイミング
  • 動画の完成度

などなど、今までの「おもしろ系コンテンツ」とは明らかに違っています。特に、マネタイズの幅やタイミングが全然違うので、他のビジネスとの相性も最高です。

ユーチューバーとVlogger(ビデオブロガー)の違いは、別途記事にまとめているので、そちらも合わせて読んでみてください!

Vloggerとユーチューバーの違い 【比較】Vlogger(ビデオブロガー)とユーチューバーの違いは何?

 

それに冒頭の方でも書きましたが、ザ・ユーチューバーのような存在は飽和状態なので、今から参入しようと思うと割としんどいです。

ですので、ユーチューバーとは少しズラしたVloggerが今は狙い目なのかなと個人的には思っています。(僕もやっています→

もし、興味がある方は、Vlogの始め方についても別途解説しているので、読んでみてください!!!

Vlogの始め方 【保存版】Vlogの始め方や必要な機材などをビデオブロガーが徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA