YouTube版「SHULE WORK」≫

【ガリガリ体型を克服!】何で太らない?原因と太るためにすべき対策

ボーイ

何で食べても食べても太らないの?訳が分からないんだけど。ガリガリ体型から卒業したい・・・。

食べても食べても太らない人っていますよね。

僕自身もガリガリ体型で「なんで食べているのに太らないんだ!!!」と長年悩んできました。

しかし、太らない原因を把握し、それに応じた対策をしたところ、「+6kgの増量に成功」し、ガリガリ体型を克服しました。

※顔が死んでいますがご容赦ください。

そして、この経験を通して思ったのが、何か改善するためには、「原因」をしっかり把握することが大事だということ。

ということで、この記事で太らない原因と対策を合わせて解説していくので、ガリガリで悩んでいる人はぜひ参考にしてください!

本記事の内容

  • 太らない原因と対策(+精神論)

本記事を読むべき人

  • ガリガリ体型で悩んでいる人
  • 食べても食べても太らない人
  • お腹を壊しやすい人

それでは、さっそく見ていきましょう!

ガリガリ体型の人が太らない原因とは?

ガリガリ体型で悩んでいる人の多くが「食べても食べても太らない」と口を揃えています。

しかし、本当にそうでしょうか?

「食べても太らない」と言っている人に限って、必要量を食べていないケースがあります。

ということで、上記も踏まえて「食べても太らない」原因を見ていこうと思います。

基本的には、以下の5つが太らない人の原因のほとんどです。

  1. そもそもの摂取カロリーが少ない
  2. 一度に食べ過ぎてる
  3. 栄養の吸収力が低い
  4. 有酸素運動をし過ぎてる
  5. 病気の可能性

それぞれ順番に解説していきますね!

太らない原因①
そもそもの摂取カロリーが少ない

「食べても太らない」という人のほとんどが、「摂取カロリーが足りない=食べてない」のが原因です。

摂取カロリーが足りてないというのは、消費カロリー以上のカロリーを摂れていないということ。

消費カロリー<摂取カロリー

ざっくりではありますが、この消費カロリーを超えた分が体内に栄養として蓄積され、筋肉や脂肪を作ります。

もしもその逆のこと(消費カロリーが摂取カロリーを上回る)が起きれば、皆さんも予想ができると思いますが、筋肉や脂肪がエネルギーとして消費され、痩せていきます。

ですので、まずは自分の1日の消費カロリーを把握して、摂取すべきカロリー数を把握しておきましょう。

詳しくは、別途記事にまとめています。

【簡単】自分の消費カロリーとマクロバランスを計算する方法

太らない原因②
一度に食べ過ぎてる

筋力トレーニングなどをしていない人が一度に多くの食事をしたところで、ほとんどが身体を維持するのに不要と判断され、体外へ排出されてしまいます。

よく、一度に吸収できるたんぱく質量は30gと言われますが、あれは嘘で身体がたんぱく質を欲していれば、より多くのたんぱく質を吸収することは可能です。

とはいえ、ガリガリ体型の人は、その体型を維持するために必要な栄養が少ないため、一度に吸収できる栄養の量も少ない傾向にあります。

ですので、ガリガリの痩せ型の人は、一度にドカ食いするのではなく、4〜6食などに分けてご飯を食べるのが良いですね!

【保存版】太りたいなら「食事×吸収力×筋トレ」を意識して健康的に太る

太らない原因③
栄養の吸収力が低い

「食べても太らない」原因として、胃腸が弱く、栄養の吸収力が低いパターンもあります。

  • 食べても直ぐにお腹を下す
  • 下痢をしやすい

などが当てはまる人は、食べても栄養が吸収されず、体外へ出てしまっている可能性が高いです。(ちなみに僕はこのタイプ)

ほんとに「食べても食べても太らない人」ですね(笑)

こういった人たちが栄養を確保するためには、腸内環境を整える必要があり、ビフィズス菌入りのヨーグルトを食べたりすることにより、改善する可能性があります。(この後、詳しく解説しますね!)

太らない原因④
有酸素運動をし過ぎてる

有酸素運動のしすぎると、太らないのはもちろんですが、筋肥大の妨げにもなり、健康的に身体を大きくしていくことができません。

もちろん、適度な有酸素運動は良いのですが、有酸素運動をしすぎると、体内のタンパク源が分解されて、筋肉が小さくなっていきます。マラソン選手で痩せてる人が多いのもこのためです。

もし、筋肉もつけながら健康的に太っていきたいのなら、過度な有酸素運動は控えましょう!

とはいえ、運動も大事なので太りたくても運動はするようにしてください。

太らない原因⑤
病気の可能性

最後に、太らない人の原因として「セリアック病」の可能性も否めません。

セリアック病とは、噛み砕いて解説すると、小麦や大麦などに含まれる「グルテン」という成分が小腸に悪さをし、栄養吸収の妨げをする病気です。

症状としては、腹痛や下痢があげられ、日本でも発症する人が増えています

要するに、自己免疫疾患のひとつで、治療も可能なので、このあと詳しく解説していきます!

【完全克服】一向に太らない人がすべき7つの行動(対策)

それでは、上記を踏まえて太らない人がすべき行動をまとめましたので、参考にしてみてください。

  1. マクロ管理を徹底する
  2. プロテインを飲む
  3. ウェイトゲイナーを飲む
  4. 太るためのサプリを飲む
  5. 筋力トレーニングをする
  6. ヨーグルトを食べ腸内環境を整える
  7. 【病気の方限定】グルテンを控える

それぞれ順番に解説していきますね!

太るための対策①
マクロ管理を徹底する

先ほどで「消費カロリー以上のカロリーを摂取しましょう!」というお話をしましたが、マクロ管理は、その上位互換みたいなものです。

マクロ管理を簡単に言えば、三大栄養素の「たんぱく質・脂質・炭水化物」をバランスよくとろう!というダイエットや筋トレをしている人では、1番一般的な食事法のひとつになります。

マクロバランスの計算方法はをざっくり説明すると…

  • 消費カロリーを算出
  • 必要摂取カロリーを算出
  • マクロバランスを算出

こんな感じでして、詳しくは別の記事でまとめているので、そちらを参考に自分のマクロバランスを計算してみてください。

まずは、それ通りに食事を摂ることが、太るための第一歩になります!

※マクロバランスを守るためには、食べる食材も重要です。健康的に太りたい人におすすめの食べ物をまとめたので、そちらもあわせてご覧ください。

【健康的に太る】太りたい人が食べるべき食べ物19選【マクロを意識】

太るための対策②
プロテインを飲む

マクロバランスを計算すれば分かると思いますが、たんぱく質を普通の食事だけで摂りつつ、脂質や炭水化物の量を規定値に抑えるのは正直きついです。

そこで、重要になってくるのが「プロテイン」なんですね!

プロテインは「高タンパク質・低脂肪」のため、気軽にたんぱく質を摂れるのに加え、体内への吸収速度も速いため、筋力トレーニング後のたんぱく質補給にも向いています。

太るための対策③
ウェイトゲイナーを飲む

ウェイトゲイナーもプロテインの一種ですが、太るためには効果的です。

ウェイトゲイナーとは、簡単に言えば「炭水化物(糖質)が多いプロテイン」です。

身体を大きくするには、たんぱく質だけでなく炭水化物の摂取も欠かせません

特に筋力トレーニング後は、エネルギーの源となる炭水化物が不足しているため、積極的に摂るようにしましょう!

太るための対策④
太るためのサプリを飲む

効率的に太るためには、プロテインをはじめとしたサプリを飲むことが必須事項になります。(特にプロテインは絶対!)

現在では、太るためのサプリ「ドクター・フトレマックスなんかも出てきていて、これが名前の怪しさとは裏腹に以外とオススメです!

僕自身フトレマックスを1ヶ月使用し、+2.9kgの増量に成功。気になる方は、ぜひフトレマックス体験談の記事を読んでみて下さい。

【評判】フトレマックスは太らない?効果を1ヵ月ガチ検証【画像あり】

太るための対策⑤
筋力トレーニングをする

ガリガリ体型を健康的に改善していくためには、筋力トレーニングは必須になります。

なぜなら、筋トレをしなければ、筋肉は絶対につかないからです。

筋肉がつかずに増量していくということは、単純に脂肪だけが増えているということなので、健康的ではありませんね。

ですので、もしも健康的に身体を大きくしていきたいのであれば、筋トレは欠かさずやりましょう!

【脱ガリガリ】太りたい人は筋トレをすべき!筋肉をつけながら太る方法

太るための対策⑥
ヨーグルトを食べる

太らない原因でもお話した通り、胃腸が弱い人は小腸で適切に栄養が吸収されないため、腸内環境を整える必要があります。

腸内環境を整える方法として、「ヨーグルトを食べる」のが一番気軽にできる方法で、毎日継続して取り組みやすくオススメです!

特にビフィズス菌入りのヨーグルトは、「菌が生きて腸まで届く」ので、勝手に腸内で増殖してくれるので、お腹を壊しやすい人はビフィズス菌入りのヨーグルトを選びましょう。

ちなみに、ビフィズス菌入りのヨーグルトで有名なのが「ビヒダスヨーグルト」というヨーグルトなので、Amazonなどで覗いてみてください!

created by Rinker
森永製菓
¥1,224 (2019/08/22 14:08:53時点 Amazon調べ-詳細)

※ヨーグルトは、毎日摂取することが重要で、100gくらいを目安に食べましょう!食べる時間帯は、夜がゴールデンタイムなので、夜に食べることをオススメします!

太るための対策⑦
【病気の方限定】グルテンを控える

これは、セリアック病の方限定ですが、もし病気だと診断された場合、病院でも言われると思いますが「グルテンの絶食」で症状は回復します。

「グルテンの絶食=小麦、大麦などを一切食べない」ということで、パンやパスタなどを一切食べなければOKです。

正直しんどいですが、症状を回復させるためには絶対に守る必要があるので、頑張りましょう!

ガリガリ体型を克服するためには「覚悟」と「継続」が必要

さて、ここまで太らない原因と対策を見てきましたが、ここでは少し精神論的な話をしていきます。

ぶっちゃけ、ここが1番大事かもしれません(笑)

ガリガリ体型から太るために重要な要素として、2つの精神的要素が重要だと思っています。

  1. 継続力
  2. 覚悟

どういうことなのか?それぞれ解説していきますね!

太るための精神論①
継続力

筋トレや食事、ダイエットなど、体型を変えようとする行為において、1番大事なのが、「正しい手法を”継続的”に行う」ということです。

人の身体は、1日で激変することは絶対にありませんし、毎日コツコツ筋トレや食事をすることにより、目に見えないくらいの変化をしつつ、1ヶ月後、半年後、1年後になって、初めて変化が見えてきます。

ですので、今回ご紹介した方法を1週間ガッツリやったところで、何も変わりません。

少しずつでも、毎日続けた方が絶対に効果は出てくるので、「継続力」をもち、頑張りましょう!

太るための精神論②
覚悟

上記で継続力が大事だという話をしましたが、それをするには、それ相応の「覚悟」が必要です。

ここでいう覚悟とは、「絶対に太る!身体を大きくするぞ!」という強い覚悟です。

この覚悟がなければ、筋トレや食事、サプリの摂取を毎日続けることは不可能なので、もしも本気で自分の身体を変えたいのなら、どこかで覚悟を決め、マジで取り組みましょう!

【保存版】太りたいなら「食事×吸収力×筋トレ」を意識して健康的に太る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA