VLOG版「SHULE WORK」≫

【編集編】直進ハイパーラプスの編集方法を解説【Adobeプレミアプロ】

ボーイ

ハイパーラプスは撮影できたけど、編集ってどうやるの?

まだハイパーラプスの撮影方法を解説した記事を読んでない方は、こちらからどうぞ。

今回の記事では、初心者向けにハイパーラプスの編集方法をご紹介していきます。

※編集ソフトは「Adobe premier Pro」を使用します。

本記事の内容

  • ハイパーラプスの編集方法を初心者向けに解説

ハイパーラプスの編集ソフト

今回のハイパーラプスの編集に使用するソフトは、「Adobe premier Pro(プレミアプロ)」。

プレミアプロはハイパーラプスの編集はもちろん、動画編集全般を行うことができ、多くのクリエイターに愛される動画編集ソフトです。

created by Rinker
アドビシステムズ
¥61,795 (2019/07/23 03:59:03時点 Amazon調べ-詳細)

ハイパーラプスの編集方法・手順

それでは、早速ハイパーラプスの編集を行っていきましょう。

  1. シーケンスの作成
  2. 画像を取り込む
  3. フレームサイズを合わせる
  4. ネスト化
  5. エフェクト「ワープスタビライザー」を付ける
STEP.1
シーケンスの作成

まずは「Ctrt+N(Comand+N)」で新しいシーケンスを作成しましょう!

今回のシーケンスの設定は、以下のようにしました。

  • 24フレーム
  • 1920×1080
  • 正方形ピクセル
  • QuickTime
STEP.2
画像を取り込む

次に画像を取り込んでいくので、「メディアブラウザ」を選択し、右クリックで「画像をシーケンスとして取り込む」にチェックを入れます。

次に、すぐ下の「インジェスト」にチェックを入れます。

  • 画像をシーケンスとして取り込む
  • インジェストのチェック

この2つができたら、先頭の写真をシーケンスにドラッグ&ドロップ!

シーケンスに写真が入ればOKです。

STEP.3
フレームサイズに合わせる

写真をただシーケンスに入れたままだと、写真がそのシーケンスのフレームサイズいっぱいに表示されてしまいます。

要するに縦横比が合っていないと、変にズームイン・アウトしてしまうんですね。

なのでここで、元の写真サイズいフレームが合うように設定します。

すると、キチンと元の写真がすべて表示されるようになります。

STEP.4
ネスト化

次に、シーケンスをネスト化(まとめる)します。

ネスト化とは、複数の項目や設定、クリップをひとつにまとめることです。

下図のようになればネスト化が出来ています。

STEP.5
エフェクト「ワープスタビライザー」を付ける

最後に、エフェクトの「ワープスタビライザー」を付けていきます。

  • ワープスタビライザーとは、簡単にいうと後付けで手振れ補正をかけれるエフェクトです。

エフェクトの検索窓で「ワープ」と調べると出てくるので、ワープスタビライザーを先ほどネスト化したシーケンスへドラッグ&ドロップ。

すると、下図のように処理が始まるので、待ちましょう。

この際、PCが重くなるので、出来る限り他のウィンドウは閉じましょう。

ワープスタビライザーエフェクトの処理が終わったら、「滑らかさ」の調整をします。

デフォルトは50%になっていますが、1~10%くらいがおすすめです。

このワープスタビライザーをやっていない人は結構いると思うので、ぜひ試してみてください。

以上でハイパーラプスの編集は終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA