金利と物価「インフレ、デフレを利用できる人、できない人」

どうも、しゅれです。

今回は金利と物価について不動産投資の話を
混ぜながらお話ししていきたいと思います。

金利と物価の基本

一般的に、
物価が上がれば金利は上がります。
物価が下がれば金利は下がります。

なぜこうなるかというと、
物価が上がると相対的にお金の価値が低くなります。

例を挙げると、

1000円でジュースを10本変えていたけど、
ジュースの物価が100円から200円に高くなると、
同じ1000円でも5本しかジュースを買えません。

要するに、1000円というお金の価値が低くなったといえます。

これをインフレ(インフレーション)といいます。

インフレ

このようにインフレが起きていくと、
お金の価値が低くなるので、さらに価値が低くなる前に
お金をモノに変えようとする動きが出てきます。

そうなるとお金がどんどん出て行ってしますので、
銀行は金利を上げます。

これはとてもシンプルで当たり前のことですが、
とても大事なことなので頭に入れましょう。

そしてこの物価と金利の関係が不動産投資にどのように、
影響を与えるのかお話ししたいと思います。

不動産と金利の関係

少し金額を大きくして考えてみましょう。
例えばあなたが現在、3000万円を持っていたとしましょう。
この3000万円を貯金しておくか不動産を買うかの
2パターンに分けて比べてみましょう。

①不動産購入パターン

3000万円である不動産を買いました。
その5年後、立地、周辺環境、内装、間取り、すべて条件は同じなのに、
その不動産の価値は6000万円になったとします。
これは、3000万円という貨幣価値が半分まで下がったということです。

現実ではありえませんがこれをシンプルに考えると、
3000万円の時に不動産を買っておけば、
5年後には6000万円になっているということ。
これで+3000万円ゲットです。

②貯金パターン

では逆に3000万円を貯金したままにし、
上記のように貨幣価値が下がったとします。
するとこの3000万円は貨幣としては
3000万円あるけど、実際の価値は、
5年前の1500万円と同じということになります。
-1500万円ということですね。

要するに貯金にもリスクはあります、ということです。


上の例は大げさに書きましたが、
こういったことも踏まえて今後資産を構築、
運用していくことが大事になります。

まあ当たり前のことなんですが、
意外と知らずに貯金だけしている人って多いですからね。

知っていても、投資するほうがリスクが高いと思っていて、
なにもしない人もいるでしょう。

インフレ、デフレを利用できる人と、できない人では、
ものすごい差が出ます。

時代の流れを読んで生きていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA