旅×筋トレ×語学ブログ「WORNEY」へGO≫

20代のビジネスパーソンが朝カフェに行くべき6つの理由

Moning Cafe

皆さんは、朝カフェしてますか?

僕は東京の会社に通っていますが、1週間のうち3日は朝カフェに行っています。

ボーイ

なんで?お金の無駄じゃん?

たしかに朝のカフェは朝食セットで300円〜500円とかして、少し高いのですが、そのお金以上に得られるものが大きいと僕は思っています。

特に20代のビジネスパーソンにこそ、朝カフェはしてもらいたいと思っています。

そこで今回は、20代のビジネスパーソンが朝カフェに行くべき理由を6つ解説していこうと思います。

(この記事も朝カフェで執筆中…)

 

朝カフェに行くべき6つの理由

  • 1日のやる気をあげる
  • リラックス効果
  • 有益な時間をつくれる
  • 朝食を取れる
  • ルーティンになる
  • 人生について考える場所には最適

1日のやる気をあげる

朝カフェに行って1番のメリットだと思うのは、「1日のやる気」が上がることです。

カフェには色んな人がいて・・・

  • のんびりお茶を楽しむ人
  • PCを開き仕事をする人
  • 勉学に励む人

などなど。

そんな人たちがいる空間で朝のひと時を過ごすと、自然とやる気に満ち溢れてくるんですね。

なので、朝からやる気が上がらない…という人は、ぜひカフェに行ってみてください。

リラックス効果

朝カフェに行くべき理由2つめは「リラックス効果」です。

朝から洒落た音楽や照明で造られた空間で、日替わりパンを頬張りつつ、熱々のコーヒー飲むのは至福のひと時です。

都内勤務の方だと、朝から満員電車でいらいらする事もあるかと思いますが、そんな方は、出勤前に朝カフェで心を落ち着かせるのもいいかもしれません。

有益な時間をつくれる

カフェは1人だとやれる事が限られます。

やれる事と言ったら・・・

  • スマホをいじる
  • たそがれる
  • 本を読む
  • パソコンで作業をする
  • 勉強をする

こんなところでしょうか?

この「やれる事が限られる時間」はとても貴重で、他のことに気を散らさずに、集中力が向上するので、とても「有意義な時間」になりやすいんですね。

集中できる時間を確保したい人は、朝カフェで出勤前の30分を有意義な時間にしてみては?

朝食を取れる

平成29年の厚生労働省の調査によると、朝食の欠食率は男性で15%、女性で10.2%で、男女ともに20代の割合が最も多い結果となっています。

僕自身、朝カフェに行くまではあまり朝食をとれていませんでした。(ほんとに最悪な食生活でした・・・)

Shin
トレーニーの僕からしたら、朝食を抜きにするのはNG。

食生活を改めました。

 

そこでおすすめなのが、朝カフェで食事を摂ること。

ボーイ

でも、カフェのご飯って値段が高いんじゃ…

ほとんどのカフェでモーニングセットがあるので、300円〜500円でコーヒーとパンが食べられます。

ルーティンになる

朝カフェに行くべき理由として、

  • 1日のやる気をあげる
  • 有意義な時間をつくれる

などを挙げてきましたが、朝カフェを習慣化させるとそれがある種の「ルーティン」となります。

ルーティンとは、ルーティーンとも呼ばれ、作業やパフォーマンスをする前に行うもので、精神の安定やミスを減らす為の行動とされています。

Shin
一流のスポーツ選手やビジネスマンで、ルーティンを持っている人は多いですよね!

 

1番有名なのがイチロー選手の袖あげ。

この朝カフェをルーティーン化してしまえば、1日のパフォーマンスを上げることも可能になります。

人生について考える場所には最適

皆さんは、人生について考える時間を確保していますか?

20代の方だと仕事を覚えることで精一杯で、人生設計ができていない人も多いと思います。

でもそんな人こそ、今一度人生について考えてほしいのです。

その理由としては・・・

  • 今の仕事が自分に合っているとは限らない
  • 未婚・子どもがいないから自由度高い
  • キャリアを立て直す時間が十分にある
  • 色んな選択肢がある

20代は、ある意味で「自由」です。

仕事が合わなければキャリアをやり直す時間は十分にあるし、結婚や子供がいなければ住む場所を変えたり、旅に出るのも良いでしょう。

この「人生について考える」場所として、朝カフェは最適なんですよね。

理由としては、

  • 朝はポジティブな考えになりやすい
  • リラックスしながら考えれる

などがあります。

もちろん時には、がむしゃらに働いてスキルを高めたり、何もかも忘れて遊ぶことも大事ですが、3ヵ月に一回くらい「人生」について考えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA