23歳サラリーマンが大家の会に参加してみた!

どうも、Shinです。

現在、全国の各地に「◯◯大家の会」というものが存在しています。

大家の会とは不動産投資を行なっている大家が集まり、
情報交換や勉強会をしている集まりです。

まだ不動産投資をやっていない人でも参加が可能です。
なので僕も先日この大家の会のセミナーと懇親会に参加してきたので、
今回はその時のセミナー内容や感想、行ってみて気づいたことを書きたいと思います。

大家の会セミナー内容

・定員:48名

・費用:6500円(懇親会の費用込み)

・時間:セミナー1時間、懇親会2時間

・場所:東京

・セミナー内容:「普通の会社員が資産10憶円を目指す」

今回は普通の会社員をやりながら、不動産投資をはじめ
10年以上運用してきて、会社員をセミリタイヤした方が
講師として、講演を行いました。

具体的なセミナー内容

具体的なセミナーの内容は以下のようなものでした。

・どのように不動産資産を増やしてきたか

講師の方は現在14棟120室の不動産を持っていて、
その不動産をどのように増やしてきたかの説明がありました。
ここで重要なキーワードとなったのが、”積算価値”という言葉でした。

・実際あったトラブル

実際にあったトラブルとしては、雨漏り対応、入居者が逮捕、
税務調査があった、など興味深いものが多かったです。

実際こういったトラブルはやってみないとわからないですが、
セミナーや本で情報として知っておくことは後々の運営で大きな違いがあります。

・その人にあった不動産投資の選び方

投資にはその人の属性や性格にあった投資のやり方があります。

例えば、もともと土地などの資産を持っているひとは
そこの土地を担保に融資が受けることができるので、新築を買っても十分採算が取れます。

逆に資産がない方でも、やり方はいくらでもあるのでそこを見極めることが重要です。

・積算の重要性

不動産を購入するときに、積算を確認します。

積算とは、不動産投資でいうと、物件を買ってその物件から得られる収益と支出などを計算したり、
キャッシュフローがどのくらいか、5年後の物件の価値はどのくらいかなどを出す作業をいいます。

この積算は非常に重要なのですが、
以外とこの積算を確認せず購入して失敗する人も多いそうです。

・チームを持つ重要性

不動産投資はひとりではできません。

不動産業者や銀行、税理士、弁護士、など様々な方とやり取りをします。
ですので、信頼のできる良いメンバーと繋がり、チームを作ることが重要です。

・取引する銀行について

不動産投資はほとんどの人が融資を受けなければ、始められません。
ですので融資を出してくれる銀行を知ることや銀行の中でも担当者によって
全然対応が変わってくるので、そういった情報はとても大事です。

また銀行に飛び込みで行くよりは、誰かの紹介で行くことをおススメしていました。
理由は単純で、銀行からしたら飛び込みで来た人より、
紹介で来た人の方が紹介した人との関係もあり投げやりに出来ませんので、
しっかり対応してくれることが多いです。

セミナーの感想

今回セミナーに参加して思ったことは、

初心者向けではないということです。

大家の会は基本的に不動産投資をすでにしている方がほとんどでした。
ですので、不動産投資の基本的なことは皆知っていて、
これからどのように不動産投資をしていくかや、
トラブルに対してどう対応していくか、などを聞きにきている人が多いようでした。

しかし、不動産投資をまだやっていない僕でも参加してよかったと思ったことがあります。

不動産投資未経験でも参加して良かったこと

1. 自分のレベルを知れた

まず、今の自分のレベルを知れたことです。
自分が不動産投資についてなにを知っていて、なにを知らないのか、というのが綺麗に洗い出されました。

2. 不動産投資に対する決意が強くなった

なぜ自分は不動産投資をしたいのかというのを考えさせられました。
それにより自分の目標が明確になり、不動産投資をする決意が強くなりました。

3. 不動産投資の現実味が出てきた

セミナー後の懇親会で実際不動産投資をしている方の話を聞いたり、
不動産投資家同士のリアルな話を聞いて、本を読んでるだけでは得られない、
不動産投資に対する現実味(リアル)が出てきました。

これは家にいて本を読んだり、ネットで調べるだけでは得られないものです。
ですので、これを見た方で不動産投資を考えている人は、
大家の会や各地でやっているセミナーに参加してみてください。

セミナーに行って気づいたこと

大家の会のセミナーと懇親会に行って気づいたことが何点かあったのでお話ししたいと思います。

1. 不動産投資をしている人がほとんど

参加者のほとんどが不動産投資をすでにしている方が多い印象でした。
ですので、投資をまだしていない人は実際経験しないとわからないことに関してよくわからないという状況が多々あります。

2. 初心者向きではない?!

上記でも述べたように参加者のほとんどがすでに不動産投資をしている大家です。
なので話のレベルが高いので何も知らない素人は浮いてしまうかもしれません。

しかし、その場に行くことによって、
自分が不動産投資について何を知らなくて何を知っているのかを知ることができたり、
リアルな不動産投資の話を聞けるので、理想と現実のギャップを埋めてくれます。
ですので、なにもしないよりは、不動産投資に興味がある初心者の方でも参加すべきです。

3. 同じ思いを持った人が多い

不動産投資をする人は基本的に何かしらの目的があってやっています。
脱サラしたいひと、子供のために資産を残したいひと、老後のため、起業したいひとなど人
それぞれの思いがあって不動産投資をしています。
おそらく不動産投資に興味がある人は上にあげたような理由があるはずです。
それを共有できるひとが大家の会には集まっています。
会社にはいないような人達と関われるのは大きいです。

4. 年齢層について

最後に参加者の年齢層について、あくまで今回のセミナー参加者のですが、以下のような割合です。

20代 2/48人

30代 25/48人

40代 18/48人

50代 3/48人

という感じでした。

20代は少なく僕とプラス1人でした。

23というと皆さん驚いていました笑

この年齢で不動産投資をやろうという人は恐らくほとんどいません。
僕は不動産投資の良さや早くやるほど有利な事を知っているので当然と思ってましたが、
このことを知っている同世代の人が本当に少ないです。
投資に対して怖い、危ない、金持ちがやるもの、というマイナスなイメージが原因でしょう。
自分には関係ないと思っているのです。

不動産投資をしている人が全員口を揃えて言うのが、もっと早くやればよかった。です。

君ぐらいで知っていれば、、、と絶対言われます。

まあ余談は置いておいて、

やはり1番多かったのは30代。

結婚や子供ができて将来に対して真剣に考えるからだと考えられます。

40代もおそらく同じ理由で多いのでしょう。

ちなみに、男女比は1:9くらいでした。


今回は大家の会に参加したことについて書きました。
これからも様々なセミナーや勉強会に参加していき内容や感想を発信していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA