Vlog特化メディア「Vlog Magazine」も運営中≫

【リゾバとは?】仕組みやメリット・デメリットを経験者が徹底解説

リゾバの基礎

ボーイ

リゾートバイト(リゾバ)という働き方があるらしいんだけど、実際どうなの?そもそもリゾバって何なの?

今回はこんな疑問に、リゾバ経験者の僕が詳しく解説していきます。

※体験記事はこちらから≫
【評判】ビジネスホテルでのリゾバってどうなの?実際に体験してみた

本記事の内容

  • リゾバの仕組みやメリット・デメリットについて解説

それでは、サクッと見ていきましょう!

リゾバ(リゾートバイト)とは何なのか?

リゾバとは、いわゆる「住み込みバイト」の一種で、日本全国のリゾート地で働くのが最大の特徴です。

その他にも特徴がいくつかあり・・・

  • 宿泊費が無料
  • 食事が出る
  • 交通費が出る(規定あり)
  • 社会人も多くが利用
  • 英語を活用できる

ザッとこんな感じですね。

宿泊費や食費などの固定費が”ゼロ”で、外国人観光客と関わる機会が多いので、貯金をしたい人英語を習得したい人には、持ってこいの働き方です。

リゾバ(リゾートバイト)の仕組み

リゾバ

もう少し具体的な「仕組み」をみていきながら、リゾバに関する知識を深めていきましょう。

リゾバでは、基本的に3つの組織(個人)が関わります。

  1. 発注者:求人を出す
  2. 派遣会社:求人を仲介
  3. 個人:求人に応募する人

このように、発注者と個人を繋ぐ「派遣会社」があり、マッチングの促進トラブルの防止といった安心・安全な仕組みを作り上げています。

基本的な取引の流れ(仕事をするまでの流れ)は、以下のようになります。

  1. 派遣会社に登録
  2. 案件を受注
  3. 発注者の元へ行き働く

ですので、まず始めにやるべきステップは「派遣会社に登録」をすることです。

リゾバ(リゾートバイト)のメリット

リゾバの仕組みについてみてきたので、リゾバのメリットが見えてきたと思いますが、改めて見ていきましょう。

リゾバのメリットは以下の通りです。

  1. 貯金が出来る(宿泊費、食費、光熱費がタダ)
  2. 語学を学べる
  3. 日本全国を旅できる
  4. 様々な人に出会える

こんなところですね。

リゾバのメリット①
貯金が出来る(宿泊費、食費、光熱費がタダ)

先ほどもリゾバの特徴でも書きましたが、リゾバでは「宿泊費、食費、光熱費」全て無料です。(※一部例外はあります

これが、何を意味するのか?

簡単に言うと、固定費の削減です。

東京で一人暮らしをすると、固定費は平均で以下のようになります。

  • 家賃:6万円
  • 食費:5万円
  • 光熱費:1万円
  • 通信費:1万円
  • 娯楽費:6万円(飲み代含む)
  • 生活費:1万円
  • 合計:20万円

こんな感じだと思います。(僕がそうだった)

これを見れば分かりますが、家賃、食費、光熱費は、支出の大部分を占めるので、ここがカットされるだけでかなり固定費が少なくなりますね。

また、リゾート地なので、周りは閑散としていることが多いので、余計な娯楽費がかからない。

実際、僕はリゾバをした時一ヶ月の支出が合計で25,905円でした!(まじです)

リゾバのメリット②
語学を学べる

リゾバでは、英語を学びたい人が非常に多いです。(僕が行った初めてのリゾバ先でもワーホリ経験者がいましたw)

理由は2つあります。

  1. 外国人観光客が多く、関われるから
  2. 留学資金を貯めたくてやっている人が多いから

上記の通りで、リゾート地なだけあって、外国人観光客が非常に多いんです。

なので、案件によっては「語学経験必須」としているものもあります。

語学を学びたい人と繋がれるのも情報交換できて、良いですよね!

リゾバのメリット③
日本全国を旅できる

リゾバは、日本全国に案件が存在します。

それは、北は北海道から南は沖縄までです。

要するに、リゾバをしながら日本全国を旅することができるんです。

  • 派遣先に配属
  • 仕事がある日は周辺を散策
  • 休日はちょっと足を延ばして未開の地を開拓

こんなことが出来ちゃうんです。

僕もこれで日本全国を回ってやろうと思っていますし、実際に同じこと考えている人がめっちゃいます(笑)

リゾバのメリット④
様々な人に出会える

僕的に大きなメリットが「様々な人に出会える」こと。

例えば・・・

  • 語学を習得したい人
  • 留学経験がある人
  • 夫婦でリゾバをやってる人
  • ギター片手に日本を回ってる人

などなど、色んな人がいます。

僕自身、「リゾバ×フリーランス」とかいう訳分からんこと言いながら、情報発信をしている変な人です(笑)

こんな感じで色んな人と出会えるのは、リゾバならではかもしれません。

リゾバ(リゾートバイト)のデメリット

さて、リゾバはメリットが多いですが、もちろんデメリットもあります。

  • 時間と場所に縛られる
  • 社会的な地位
  • 移動する必要がある
  • 周りに何もない場合が多い

それぞれ詳しく見ていきましょう。

リゾバのデメリット①
時間と場所に縛られる

まずは、時間と場所に縛られることですね。

「リゾバ=泊まりこみバイト」ですから、場所を縛られますし、もちろんある程度の時間も縛られます。

しかし、時間をある程度縛られることにより、「生活にメリハリができる」場合が多いので、僕としては正直、デメリットでもないかなとも思っています。

僕は前、朝の5時~11時勤務の時があったんですけど、生活にメリハリができて、フリーランスだけの時よりも仕事がはかどりました!

リゾバのデメリット②
社会的な地位

リゾバって、リゾートバイトとか言ってますけど、要するにバイトです。

やっぱり世間的な目としては、「いい大人がバイトか」となるんですよね。(僕は就職する気ゼロですから、社会的地位とかどーでもいいんですけどね)

やっぱ、そこをネックに考える人も多いはず。

でも、正直そんなんどーでも良くないっすか?(笑)

あなたが到達したい目標を叶えるための「通過地点」だと思えば、いいんです。

  • 借金を返したい
  • 留学して外国人とコミュニケーションを取りたい
  • お金を貯めてやりたいことに費やしたい

僕は社会的な目よりも、自分が本当にやりたいことをする為に、リゾバをやります。

もちろん、目的がないけど、それを探す為にとりあえずリゾバをやる、というのもアリだと思いますよ!

リゾバのデメリット③
移動する必要がある

リゾバは全国各地のリゾート地に住み込みで働くので、当たり前ですが、派遣先まで移動をする必要があります。

場所によっては、長時間の移動を余儀なくされるため、割としんどいです。

とはいえ、移動時間が嫌ならば、近い地域を指定して案件を紹介してもらうことも出来るので、安心してOKです!

リゾバのデメリット④
周りに何もない場合が多い

リゾート地って、正直なにもないんですよ。

遊ぶ場所や飲食店、カフェなんかもない場合が多いです。

もちろん、市街地のリゾバもあるので一概には言えませんが、周りに何もないことが多いのがリゾバのデメリット

でも、何もないからこそ、貯金ができるし、僕ならフリーランスの仕事に専念できるし、メリットでもあるんです。

それに、少し電車で行けば大阪行ける、名古屋に行ける、なんてこともありますから、そこまで悲観しなくても良いと思います。

リゾバ(リゾートバイト)をすべき人の特徴

さて、上記のメリットやデメリットを踏まえ、リゾバをすべき人がどんな人かまとめました。

  • お金を貯金したい人
  • 借金を返済したい人
  • 英語のスキルを磨きたい人
  • 留学をしたい人
  • 出会いがほしい人
  • 大学生
  • 会社を辞めてフリーランスになりたい人

こんな感じですね。

自分に当てはまるか確認して、当てはまらなければこの記事は閉じて、当てはまれば、更に読み進めていきましょう。

リゾバ(リゾートバイト)の始め方

リゾバは、基本的に以下の手順で始めていきます。

  1. 派遣会社で案件を探す
  2. 気になる案件があったら応募
  3. 派遣会社に本登録をする
  4. 案件の詳細が送られてくる
  5. OKならそのまま開始手続きへ
  6. 勤務地へ向かう

まずは、派遣会社に登録し、案件を紹介してもらう感じですね。

派遣会社は、10社以上ありますが、代表的な会社は以下になります。

特に、この中でもアルファリゾートは業界最大手で、給料が高いのでおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA