Vlog特化メディア「Vlog Magazine」も運営中≫

【動画あり】「リゾバ×フリーランス」のリアルな日常を公開

ボーイ

リゾバをしながら、フリーランス業をするのが良いのは分かったけど、実際どんな生活をしているの?

今回は、こんな疑問に、「リゾバ×フリーランス」を実践している僕が、リアルな日常を「動画付き」で公開していこうと思います。

本記事の内容

  • 「リゾバ×フリーランス」のリアルな1日の様子

本記事を読むべき人

  • 「リゾバ×フリーランス」という働き方に興味がある人

それでは、早速見ていきましょう!

まずは、「リゾバ×フリーランス」生活のリアルな動画をみてください

まずは、文章で書くよりも、実際の動画でみて頂いた方がいいと思ったので、「リゾバ×フリーランス」のリアルな様子を動画で撮りました。

どうでしょうか?良ければコメントください!

「リゾバ×フリーランス」の1日の様子

「動画見るのは、ダルい!いまWi-Fi環境無いよ!」という方のために、テキストベースでも「リゾバ×フリーランス」の1日をご紹介していこうと思います。

8:00
起床
 
8:00-8:30
PCであれこれ
仕事したり、Youtubeみたりしてました
8;30
朝食
  この時はバイキングでしたね
9:00-12:00
仕事(フリーランス)
  ライター、動画編集、ブログ執筆をしています
12:00
お昼ご飯
コンビニやスーパーとかで買っていました
13:00-16:00
仕事(フリーランス)or筋トレ
 
16:00-22:30
仕事(リゾバ)
22:30-00:30
仕事(フリーランス)
00:30
お風呂
  ホテルの大浴場に入っていました
1:00
就寝
 

僕が居酒屋のリゾバ案件をやっていた時の生活は、基本はこんな感じでしたね!

こうやってみてみると、仕事しかしてなくて笑いました。

ライフスタイルは、案件によって変わる

もちろん上記の生活リズムは、案件により大きく変わります。

以前、ホテルの朝食スタッフをしていた時は、全然違う生活リズムでしたので!

ですので、「リゾバ×フリーランス」の生活は、「案件に依存する」ともいえます。

これは、本当に重要で、案件選びが全てです。

ここを間違えると、本当に悲劇になりかねないので、慎重に選びましょう。

 

とはいえ、どういった案件を選べばいいか分からないと思うので、フリーランスにおすすめなリゾバ案件の特徴を挙げてみました!

  1. 寮費、食費、光熱費が無料
  2. 勤務時間が短い
  3. Wi-Fi完備
  4. 寮が近い(又は客室)
  5. 個室寮
  6. 短期間の勤務が出来る
  7. 仕事が単純(簡単)
  8. 誘惑のない地域・場所

とまあ、ざーーーっと挙げましたが、これだけじゃ分からないと思うので、別途、他の記事で超詳しく解説しているので、そちらをご覧ください!

フリーランスがリゾバをやるときの条件 【重要事項】フリーランスがリゾバ案件を選ぶときの条件8箇条

「リゾバ×フリーランス」の働き方はある意味最強

僕は、「リゾバ×フリーランス」という働き方がある意味最強かなと思っています。

どう最強なのかというと、以下の通りですね。

  1. 安定収入を得られる
  2. 家賃、食費、光熱費が抑えられる
  3. 作業に集中できる
  4. メリハリのある生活
  5. 観光名所に行ける
  6. 人と話せる

特に②番の支出が抑えられるという面において、リゾバはダントツで最強です。

実際に、僕もリゾバをしていましたが、1ヵ月の支出の合計が、3万円をきりました(笑)

 

フリーランスの弱点である収入が不安定というデメリットをカバーしつつ、支出も最小限に抑えられるので、より安定的にフリーランス業への挑戦ができるんですね。

それに、リゾバも案件を選べば、1日の労働が6時間程度のものもあるので、より多くの時間をフリーランス業へ注げます。

なので、「会社員で副業をしている暇がなくて、好きなことに挑戦出来ない!」みたいな人には、「リゾバやってみれば?」と言っています(笑)

こちらも、詳しい話は、他の記事で解説しているので、あわせてご覧ください!

リゾバ×フリーランスという働き方 【複業】リゾバ×フリーランスという働き方が最強かもしれない

 

もし、リゾバをやりながらフリーランスをやってみたい!という人は、「リゾバの始め方」を解説しているので、そちらの記事もどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA