Vlog特化メディア「Vlog Magazine」も運営中≫

退職するのに「新しいことを覚える」という苦悩は「スキルの転換」で解消された

ボーイ

退職が決まっているのに、その仕事で新しく覚えなきゃいけないことがある。辞めたら使わない知識だから、苦痛で仕方ない・・・。

退職が決まっているのに、新しいことを覚えなきゃいけないのって正直しんどいですよね。

特に、退職後には絶対使わないであろう知識となると「どうでもいいよ・・・」みたいな。

こんな顔になります

僕も同じことで悩んできましたし、退職宣言から半年在籍してたので、「辞める」と言ってから本当にいろんなこと覚えました(笑)

最初はそれが「苦」だったんですけど、途中からあるマインドに切り替えたおかげで、気持ちよく退職まで仕事をできたんですよね。

なので、今回の記事ではそんな「マインド」について、実体験を元に解説していきます。

本記事の内容

  • 退職するのに「新しいことを覚える」苦悩を解消する方法

本記事を読むべき人

  • これから会社を退職する方法

それでは、早速みていきましょう!

退職するのに新しく覚えることが苦痛で仕方なかった日々

退職するのに、「新しいことを覚える」のって、辛いですよね。

少し僕の体験談をお話します。

僕は副業である程度稼げる目処が経ってから、「海外にいきたい」という漠然とした思いが芽生え、1年半在籍した会社を退職する決意をしました。

海洋土木設計→メディア運営・ライター

僕の場合、上記のようなキャリアチャンジでしたので、当時の僕は「次に繋がるものがないから、覚えても仕方ない」と思っていたんですね。

まあ、実際、設計の仕事は専門職なので、他では活かせないような知識を沢山覚えなきゃいけません。

これが本当にキツかったんです。

でも、本当にキツかったのは、上司や先輩が辞める僕に一生懸命仕事を教えてくれることでした。

「辞めるのに・・・」と内心思いながら聞いていて、一生懸命教えてくれる先輩に「申し訳ない気持ち」になっていったんですよね。

では、どうやってこの状況を打破していったのか、ご紹介していきましょう。

退職時に「新しく覚える」をプラスに変えた方法

退職するのに、「新しいことを覚える」という苦悩を解消したのは、「スキルの転換」でした。

ボーイ

スキルの転換?何それ?

僕が「退職するのに新しいことを覚える」ことに対して感じていた苦悩は、以下の2つです。

  1. 別業界にキャリアチェンジするのに使わないスキル・知識を覚えるのキツい
  2. 辞めるのに、仕事を教えてくれる上司や先輩に申し訳ない

この2つの苦悩を「スキルの転換」で解消しました。(大事なことなので何回も言います)

スキルの転換とは、本来のスキルを別スキルに転換させるということです。

例を見た方が早いかもしれません。

スキルの転換例

  • 資料作り→記事執筆スキル
  • プレゼン資料作り→ブログの挿絵作り
  • 設計計算→エクセル活用スキル

イメージとしては、全て活用はできないけど、30~50%くらい活用できるんじゃ?という感じです。

これに気づいてからは、少しでも会社にいる間にいろんなスキルを身につけてやろうと、以前よりも熱心に仕事に打ち込むようになりました。

もともと好きな仕事ということもあり、退職決まってるのに超絶楽しく仕事してました。

上司に対しての申し訳ない感は、熱心に仕事をするようになって消えました(笑)

たぶん、「本気でやってんだから文句はねーだろ」的なマインドですw

他にも、退職までモチベーションを保って仕事できたのには、いくつか理由があるので気になる方は以下の記事をご覧ください。

【退職日まで長すぎ】モチベーションを維持するマインドと具体的行動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA