【筋トレ】身体を鍛えている人が風邪を引いた時にすべき4つの行動

細男の筋トレ成長記録

どうも、Shinです。

土日にジムに行こうと思っていましたが、風邪をひいてしまったため、家で大人しくすることに。

この間に筋肉落ちたらどうしよう。という不安があったので、

今回は筋トレしてる人が風邪を引いたときに取るべき4つの行動についてまとめました。

筋トレする人が風邪をひいた時の特徴①筋トレをしない

風邪をひいたとき、筋トレは絶対NGです。

風邪をひくと、ウィルスを撃退させるために、エネルギーを使います。

こんな時に筋トレをすると、そっちでもエネルギーを使って、ウィルスを撃退するためのエネルギーに回せません。

風邪をひいたときは、大人しく安静にしてましょう。

筋トレする人が風邪をひいた時の特徴②睡眠をとる

これは言わずもがなですが、睡眠はしっかりとりましょう。

風邪をひいてる時に睡眠不足だと、免疫力が低下してしまうので、十分な睡眠を確保しましょう。

筋トレする人が風邪をひいた時の特徴③水分をしっかり補給

人の体は呼吸や体温調整のため水分が失わせていきます。

また発熱時には汗もかきますので、脱水状態になりやすいです。

脱水状態になると、免疫力が低下し、回復を遅らせてしまうので、水分はしっかりとりましょう。

筋トレする人が風邪をひいた時の特徴④カロリーをしっかり摂る

ウィルスを撃退するためには、エネルギーを使います。

そのエネルギーが足りなくなると、筋肉を分解してエネルギーを作り出します。

よって、筋肉量が落ちてしまいます。

そうならないためにも、風邪をひいていてもカロリーをしっかり補給して、エネルギーを蓄えましょう。

ただ普段より動かない分、カロリーの取りすぎには注意が必要です。

最後に

いかがだったでしょうか?

風邪をひいたら是非やってください。というより、風邪はひかないようにしましょう。

やりたいことができなくなるし、作業効率すっごい落ちますからね。

また今週はジムに行けませんでしたが、来週こそ行こうと思うので、ひさびさに筋肉量アップしてるか見てこようと思います。¥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA