Vlog特化メディア「Vlog Magazine」も運営中≫

【宣言】VLOGに特化したSNSを作ろうと思うから「今の全て」を書きなぐる

どうも、VlogエバンジェリストのShin(@shulework)です。

先日あるツイートをしました。

深夜だけど、大きな目標言ってみる。 「VLOG特化のSNSを作る」 どうだろう? 僕の活動の先にあるのは、これじゃないか?ビデオブロガーを繋げるSNS。 いや、人々をVLOGで繋げるSNS。 もし、そんなのが作れたら、超絶面白くない?

このツイートを要約すると、「VLOG特化のSNSを作ります」というもの。

 

今回の記事では、このツイートについて深堀しつつ、僕の発信活動の目標を書きなぐっていこうと思う。

本記事の内容

  • VLOGに特化したSNSを作ろうと思った話

それでは、読んでください!

宣言!「VLOG特化のSNSを作る」

上記の通りですが、しばらく僕の発信活動の目的をVLOG特化のSNSを作るにすることを決意しました。

そもそも、「VLOG」というコンテンツを知らない方のために軽く補足しておきます。

VLOGとは、「Video+Blog(ビデオブログ)」という意味で、早い話ビデオ版のブログです。

詳しくは、こちらの記事で解説しているので見てみてください。

僕はこの「Vlog」というコンテンツについて、日々研究し、その価値について本ブログやTwitter、noteなどで発信しています。

VLOG特化のSNSを作ろうと思ったキッカケ

そんな中、つい先日ある方のツイートをキッカケに、僕の中で「Vlog」に関する違和感がハッキリしました。

そのツイートがこちら。

https://twitter.com/kojiharunyan/status/1125418522631233538

元AKB48の小嶋陽菜さん(こじはる)のツイートで、その真意は分かりませんが、僕は以下のように解釈しました。

「YouTubeに動画を投稿=ユーチューバー」ではない

要するに、YouTubeに動画をあげたら、ユーチューバーと捉えられてしまうという問題があるということ。

特に、ある人の日常や個人にフォーカスを当てた「Vlog」をYoutubeに挙げている人は、自身のことをユーチューバーではなく、Vlogger(もしくはビデオブロガー)と呼んでいる傾向があり、「ワイは、ユーチューバーではないよ」と語っている場面を多く見ます。

 

しかし、正直なにも知らない人からしたら、ビデオブロガーもユーチューバーも同じ存在なんですよね。

この問題が、こじはるさんのツイートで浮き彫りになりました。

その問題、おれが解決すればいいのか

そんな「ビデオブロガーは、ユーチューバーじゃない問題」をどうやったら解決できるかな?と考えた時に、ふっと出てきたのが「VLOGに特化したSNS」です。

この発想(VLOG特化のSNS)は、前から思っていたことなのですが、自分じゃ作れないと勝手に決めつけ、「誰かが作るだろう」と決め込んでいました。

しかし、今回の件をキッカケにいや、おれが作るべきじゃ?自分の発信活動の先にあるのはコレかも」と感じ、僕の発信活動の目標に定めることを決意。

 

VLOG特化のSNSを作る

 

自分でも笑っちゃうくらい大きな目標ですが、割と本気です。

(仮)「VLOG SNS」ってどんなモノ?

僕のなかで、どんなSNSにしたいのか?細かい部分はまだ全然分かりませんが、以下がポイントになると思っています。

  1. 人々をVLOGで繋げる
  2. 自己実現の過程(ストーリー)を映し出す
  3. リアル(現実)生活を後押しする

順番に解説していきます。

人々をVLOGで繋げる

ユーチューバーの動画が、「人々を楽しませるコンテンツ」なら、Vlogは「人々を繋げるコンテンツ」だと思っています。

Vlogでは、その人の日常、好きな事、大切にしている価値を発信します。

  • ユーチューバーの動画:おもしろ系、学びがある系
  • Vlog:日常、好きな事、価値観、人生

この2つの違いは、発信された日常や好きな事に「共感」が生まれ、「繋がり」が出来る可能性を秘めているということ。

これを最大化させるSNSを作りたいなーと思っています。

自己実現の過程(ストーリー)を映し出す

まずは、こちらのツイートを見てください。

Vlogを「自己実現の記録」として残すのはめっちゃアリだと思う。 努力を語るのはダサいけど、努力を記録して発信するのは良いと思う。 人はストーリーに心を動かされるし、共感するし、愛着がわく。 Vlogで自分のストーリーを伝えよう。

こちらのツイート通りですが、僕はもっと「その人の努力や苦悩、喜び、歩んできた過程」をもっと表現していいと思うんです。

自伝などの本を書くのもアリですが、テキストベースでは伝わりにくい感情やその場の雰囲気は、動画の方が伝わる。

それを今の時代なら簡単にスマホひとつで残せます!

でも、それを残すための環境が今の日本にはない

  • 日常を動画におさめる環境・風潮
  • 自分の人生を発信する環境・風潮

そんな「自分の歩んだ過程を発信する」環境を作れれば、それはめっちゃ価値のあることだと思うんです。

リアル(現実)生活を後押しする

このSNSは、TwitterやInstagramのように、「依存性の高いもの」にはしたくない

Twitterは、「いいね!」や「リツイート」といった機能を付けることによって、人間が持つ「承認欲求」を刺激し、Twitterから人々を離せなくしました。

これについて、良い悪いを議論する気はありませんし、こういったTwitterやInstagramは、大きく社会貢献したことは間違いありません。

でも、僕はSNSは現実生活を後押しするものであるべきだと思っています。

あくまで、自分の人生はリアル(現実)にあり、その助けになるのがSNSの役目だと。

だから、「VLOG特化のSNS」は、そこを見失わないようにしたい。

やるべきことは沢山あるし、足りないものだらけ

ここまで、「VLOG特化のSNS」について話してきましたが、正直まだまだ現実的ではありません。

なぜなら、今の僕には足りないものだらけだから。

  • 信頼
  • 知識
  • 人脈
  • お金

などなど、僕がやろうとしていることを達成させるには、明らかに足りない要素ばかりです。

まあ、だからそこそ「やりがい」があるし、ワクワクするんですけどねw

 

でも、本気でやるなら、今のままじゃいけない。

本気でVlogについて研究し、ビジネスについて学び、様々な情報に対して常にアンテナを張っていなきゃいけない。

 

といっても、口で言うだけは簡単だから、僕は行動に移すし、それをVlogやBlogで発信していきます。

最後に今やっている活動をまとめる

僕が、現在やっている「VLOG」に関する活動は以下の通り。

この記事を読んで少しでも、「面白いな!」と思った方は、ぜひ遊びにきてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA