【Webディレクターとは】必要なスキルや年収、未経験からの転職でWebディレクターになるためには

Shin
どうも、Shin(@shulework)です。

 

皆さんは、Webディレクターがどんな仕事をしているかご存知ですか?

Web業界未経験の方にとっては、
ディレクターってなにをやってるのかっていまいち想像できないですよね。

そこで今回の記事では、以下のような疑問を解決します。

  • Webディレクターってなに?
  • Webディレクターの平均年収は?
  • Webディレクターに必要なスキルは?
  • 未経験からWebディレクターになれる?
ぶたくん
それじゃさっそく見ていこう!

 

Webディレクターとは

Webディレクターの仕事

Webサイト制作段階において、監督・指揮・管理を行うひとのことです。

要するに、制作現場における「現場監督」のようなイメージです。

ぶたくん
現場監督かー!じょあいろんな人たちをまとめる役割ってこと?
Shin
そうだね!

 

Webサイトを制作するにあたって、Webディレクターの他に、Webデザイナー、Webプランナー、
Webプログラマー、フロントエンジニア、Webライター、などなど多くの役割を持った人たちが集まります。

その役割を持った人たちをまとめるのもWebディレクターの仕事です。

Webディレクターの平均年収はこちら☟

Webプランナー年収

20代:377万円

30代:516万円

参考:マイナビAGENT

20代と30代では、約150万円の差がありますが、30代でもあまり年収が伸びていませんね。

これには、理由があって、Webディレクターの経験を積んで行くことにより、
Webプロデューサーになる人が多いため、30代になっても平均年収が上がらない傾向があります。

Webディレクターが活躍する4つの現場

Webディレクターの本質は変わりませんが、会社の系統によって仕事の内容が変わってきます。

その大きく4つの系統に分けて、その特徴をご紹介します。

制作会社

制作会社におけるWebディレクターの役割は、Webサイトの構成や設計を一から考えることに加えて、
WebデザイナーやWebプログラマー、Webライターなどの作業工程などを管理することです。

Shin
制作会社におけるディレクションは、他と比べて、よりクリエイティブな思考が求められるのが特徴ですね!

広告代理店

広告代理店におけるWebディレクターの役割は、主にクライアントへのコンサル業務です。

なので、実際にWebサイト制作管理を行うことは少なく、基本的には制作は制作会社へ発注します。

Shin
広告主と制作会社をつなぐパイプ役のような役目ですね!

システム会社

システム会社におけるWebディレクターの役割は、基本的には制作会社と変わりません。

しかし、システム会社の場合、PHPやJavaなどのプログラミング、要するにバックエンドの業務を管理するのが仕事になります。

Shin
また、バッエンドとフロントエンドとの連携がうまくいくように、管理するのも重要な仕事の一部です!

事業会社

事業会社におけるWebディレクターの役割は、基本的に自社完結のため、
コンテンツ企画やサイトの設計、制作管理、運用など、Web制作における全過程を行います。

Shin
全工程に関わる分、幅広い知識や経験が求められます。

Webディレクターに必要なスキル

Webディレクターになるには、以下のようなスキルが重要になってきます。

コミュニケーション能力

Webディレクターにとって、コミュニケーション能力は非常に重要です。

ディレクターの仕事は、社内の制作管理はもちろんのこと、
社外のクライアントの要望を聞いて、それを社内の制作スタッフに伝えます。

しかも、クライアントの要望をそのまま伝えるのではなく、その要望の真意を汲み取り、最善の方法を導き出して伝える事が重要です。

Shin
このように高度なコミュニケーション能力が必要となります。

 

一般的に言われているコミュニケーション能力というより、ビジネス的なコミュニケーション能力が必要だと言えますね!

未経験からWebディレクターになるには

まず、未経験からWebディレクターになれるかどうかですが、いきなりなることは、難しいです。

しかし、未経験で別業界からでもディレクターになることはできます

アシスタントディレクターからはじめる

Webディレクターになる1番の近道は、アシスタントディレクターからはじめることです。

求人を見ていると多くの会社で
未経験のアシスタントディレクターを募集しています。

アシスタントディレクターの求人で企業が求めるポイントは3つあります。

✓学ぶ姿勢があるひと

✓コミュニケーションが得意なひと

✓Web業界に興味があるひと

現状のスキルよりも、”伸び代“を重視する企業が多いようです。

Shin
どの仕事をするにも、学ぶ姿勢は重要ですね。

 

最後に

いかがだったでしょうか。

未経験からでも、
Webディレクターになることは可能です。

本気でWebディレクターになりたい方は、アシスタントディレクターからはじめてみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA