VLOG版「SHULE WORK」≫

【実体験】副業Webライターが稼げない3つの理由【解決策アリ】

Webライター 副業 稼げない

ボーイ

副業でWebライターは稼げないって聞いたけど、実際どうなの?

今回はそんな疑問について、副業でWebライターをやり現在はフリーライターをしている僕がお答えしていきます。

リアルな数字も出していこうと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

本記事の内容

  • 副業Webライターが稼げない理由
  • 副業Webライターで稼ぐ方法

それでは、サクサク解説していきますね!

副業Webライターが稼げない理由

僕は会社員時代に副業でWebライターを始めましたが、正直そんなに大きくは稼げなかったです。それにはいくつか理由が考えられますね。

副業Webライターが稼げない理由

  • 最初は単価が安い
  • 時間をさけない
  • ライバルが多い

それぞれ順番に解説していきます。

最初は単価が安い

Webライターを未経験で始める場合、かなり単価は低くなります。大体1文字当たり0.2円~0.8円くらいでしょう。

僕自身、最初に始めたときは文字単価0.35円でやっていました。

3000文字書いたとしても、1050円の計算です。

初心者から3000文字書くのにかかる時間は5時間~8時間くらいですから、時給換算すると100円~200円くらいです。

まじ泣けてきますよね(笑)

そのくらい、未経験からのWebライターをする場合は、単価が安い、ということは覚えておきましょう。

時間をさけない

皆さんは、本業の勤務時間はどのくらいですか?

僕は残業の多い会社だったので、平均3時間は残業をしていました。さらに通勤は片道1時間かかるので、平日の自由時間は、ほとんどありません。

そんな環境の中、副業でWebライターは結構しんどいですよ。

なので、僕は土日を使ってWebライター業をしていました。20代の遊び盛りの若者が、休みの日に家にこもってPCと向き合う、健全とは言えませんね(笑)

このくらい、Webライターとして副業をやるのは難しく、覚悟がいります。

ライバルが多い

Webライターは基本的に未経験でも出来るので、その分もちろんライバルも多いのです。

すると条件の良い案件は、経験があるライターが勝ち取り、未経験者は単価の低い案件をやるしかない状況が生まれます。

ですので、Webライターとして一定の壁を超えない限り、低単価に苦しみ、いずれ「Webライターは稼げない」と消耗して辞めていくパターンが非常に多いんですよね。

ライバルが多い=価値を見出しにくい

これにより、稼げない人が圧倒的に多いんです。

【解決策】副業Webライターで稼ぐ方法

Webライターは稼げない、低単価に苦しめられ消耗していくとお話ししましたが、安心してください。

ちゃんと解決策があります。

  1. ブログを始める
  2. 分野を絞る
  3. インプットする

これは、僕自身が実践して手ごたえがあった方法ですので、ぜひ参考にしてみてください。

ブログを始める

僕が一番おすすめするのが、ブログを始めることです。個人ブログでOKです。

なぜ、ブログをするといいのか?それには以下のような理由があります。

  1. 記事を書く練習になる
  2. 発注者の依頼意図がわかる
  3. SEOに詳しくなる
  4. 実績(ポートフォリオ)になる
  5. Webライターの仕事につながる
  6. 収入源になる

個人ブログといえどもメディアはメディア。このメディア運営の経験をしているだけで、他のライターと差別化できます。

詳しくはこちらの記事で解説しているので、あわせて読んでみてください。

Webライターがブログをやるべき理由 初心者Webライターこそブログをすべき6つの理由【始め方も解説】

分野を絞る

記事の分野を絞るのも、単価アップの近道です。

分野を絞るとは、フィットネス系、不動産、FX、仮想通貨、などの専門分野を持つという事。

専門分野を持つメリットは、

  • 知識を一点集中で覚えられる
  • 専門的な知識を持てば単価がアップ
  • 毎回調べなくて済む

こんなところが挙げられます。

ぶっちゃけ発注者が求めているのは、ライティングのスキルよりも専門的な知識だったりしますから。

分野を絞って、高品質な記事を書けるようになれば、確実に単価は上がっていきます。

インプットする

いきなり何の知識なしで始めるより、本やブログから知識を得ておくのも良いと思います。

本でしたら、ここらへん読んでおけばOKです。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください!

Webライターが読むべき本 【初級編】Webライターを未経験から始める人が絶対に読むべき3冊の本

ブログだと、以下のサイトが参考になりますね。

ぜひ、参考にしてみてください。

とりあえず始めてみるのもアリ

  1. ブログを始める
  2. 分野を絞る
  3. インプットする

Webライターとして副業で稼ぐための施策を挙げてきましたが、難しいことは考えず、とりあえず始めてみるのもアリですよ!

クラウドソーシングを使えば、案件は山ほどあるので。

やってみること(経験すること)が、稼ぐには重要ですし、泥臭く頑張るのもひとつの道です。

低単価でコツコツ実績をつくる→単価の高い案件をとりに行く

この方法でも十分稼ぐことは出来ますし、ほとんどのライターが上記の方法を通っていると思います。

ただし副業でやるとなると時間がかかるので、それが耐えられないという人は、今回挙げた3つの解決策を試してみてください。

未経験からのWebライター 未経験からWebライターになる為の完全マップ | 知識ゼロからでもOK!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA