YouTube版「SHULE WORK」≫

地元茅野市のコワーキングスペース「ワークラボ八ヶ岳」へ行ってきた

長野県茅野市コワーキングスペース「ワークラボ八ヶ岳」

どうも、Shin(@shulework)です。

今回は、僕の地元である長野県茅野市にあるコワーキングスペース「ワークラボ八ヶ岳」におじゃましたので、訪問レポートを書いていこうと思います。

  • 場所:〒391-0001 長野県茅野市ちの3502-1 ベルビア 2F
  • 営業時間:午前10時~午後8時30分
  • 料金:ドロップイン(3時間500円/1日1000円)
  • URL:https://wly.jp/

ワークラボ八ヶ岳ってどんなとこ?

茅野駅に直結したビル「ベルビア」の2Fにある茅野市で唯一のコワーキングスペース「ワークラボ八ヶ岳」。

基本的な利用用途としては・・・

  • 勉強や研究
  • 仕事場
  • 打合せ
  • ビジネスの拠点

などなど、通常のコワーキングスペースと同じく幅広い利用用途がありますね!

そんなワークラボ八ヶ岳は、「働く実験室」というキャッチコピーのもと、以下のようなコンセプトで運営されています。

学生・企業・地域住民・別荘利用者など市内外の様々な人々が、豊かなワークライフの実現を目指し、様々な取組を試すことができる場所。例えば、学生が将来の仕事を、地元企業が事業の継続発展を、地域住民がビジネスを通した課題解決を、都市部企業が”新しい働き方”を、創造的に実践できる場所です。

参照:コワーキングスペース「ワークラボ八ヶ岳」HP:https://wly.jp/concept/

このコンセプトからも分かるように、今までの茅野市にはなかった「新しい働き方」を創造していく場所として提供されている。

実際に利用者には、多拠点で働くひとや地元の学生など、幅広い層が利用していてこのコンセプトを体現させるための取り組みが日々行われています。

ワークラボ八ヶ岳の施設紹介

ワークラボ八ヶ岳には、主に6つの利用スペースがあります。

  1. ワークスペース(デスクシェア)
  2. ワークスペース(ブース)
  3. オフィススペース
  4. ミーティングルーム
  5. フリーラウンジ
  6. その他

それぞれ順番に解説していきます。

①ワークスペース(デスクシェア)

ドロップイン利用者の多くがここを利用します。

勉強や仕事での利用が主で、ドロップインの他、月ごと借りることもできるスペースです。

  • 利用:月額利用/ドロップイン
  • 料金:500円/3時間、1000円/1日
  • 用途:仕事、勉強、書斎
  • 電源:〇
  • Wi-Fi:〇
  • 備考:コピー機も利用可能

②ワークスペース(ブース)

1人~2人で利用できるスペースで、プライベートな空間で作業したい人向け。

ドロップインは不可で、月ごとの契約です。

  • 利用:月額利用
  • 料金:要お問合せ
  • 用途:仕事、勉強、書斎
  • 電源:〇
  • Wi-Fi:〇
  • 備考:コピー機も利用可能

③オフィススペース

1ヵ月から利用可能なオフィススペースは、もちろん登記も可能。

レンタルオフィスのようなものですね!

  • 利用:月額利用
  • 料金:要お問合せ
  • 用途:仕事、オフィス
  • 電源:〇
  • Wi-Fi:〇
  • 備考:全施設利用可能

④ミーティングルーム

ミーティングルームは全部で4つ。3つはセミナーや会議室として使え、1つはキッチンで料理教室なんかを開くことができます。

  • 利用:月額利用
  • 料金:500円/1時間~
  • 用途:セミナー、会議、料理教室、ワークショップ
  • 電源:〇
  • Wi-Fi:〇
  • 備考:要予約

⑤フリーラウンジ

フリーラウンジは、無料で利用することができるスペースで、勉強や仕事もできます。

また、イベント会場として貸し切りで利用することもできます。

  • 利用:誰でも
  • 料金:無料(貸切900円/3時間、2000円/1日)
  • 用途:勉強、仕事、イベント、セミナー
  • 電源:×
  • Wi-Fi:〇
  • 備考:貸切は要予約

⑥その他

ご紹介してきたスペースの他にも「移動式ブース」や「壁面展示」などもあります。

ワークラボ八ヶ岳の印象は?

今回ワークラボ八ヶ岳に行って、まず思ったことが「地元にこんなん出来たんか」という軽い感動でした。

僕は茅野市で生まれ、高校まで茅野市で育ったんですが、正直その時の茅野市は「つまらない町」だったんですね。

厳しい言い方ですが、遊ぶところと言ったらカラオケしかないし、こういったコワーキングスペースなんて一切なかった。

まあ自然が多くて人が良いのは、今も昔も変わりませんが、こういったビジネスの拠点となるような施設ができたのは、茅野市にとっても市民にとっても、大きな”転機”になるんじゃないかな?と思ってます。

施設の内容についても・・・

  • おしゃれで落ち着いた空間
  • 都心と比べ格安で利用できる
  • 面白いひとが集まっている
  • 今後も面白いことが生まれそう

など、たくさんのメリットが垣間見えました。

僕自身、茅野市に身を置くこともあるので、その時はこの「ワークラボ八ヶ岳」をどんどん活用していこうかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA